【公開質問】蓮舫さんへの情報開示のお願い・第2弾

【公開質問】蓮舫さんへの情報開示のお願い・第2弾

  • アゴラ
  • 更新日:2016/10/20

参議院議員・民進党代表 蓮舫殿

蓮舫さんの二重国籍問題については、8月29日に八幡和郎氏がはじめてその疑いを指摘して以来、八幡氏や当サイト主宰の池田信夫をはじめ多くの筆者が当サイトで議論を展開してきた結果、9月23日には台湾籍の離脱が行われていなかったこと、10月14日には、国籍選択をされていなかったことを公表されたことは、前向きな姿勢の表れとると高く評価させていただきたいと思います。

しかし、残念なことは、なお、多くの事実関係が明らかにされず、また、現在、蓮舫さんが明らかにされていることも、口頭での説明に留まり、これまで、私どもの指摘を蓮舫さんが否定されたにもかかわらず真実であったことが多くある以上は、現状の説明をそのまま真実として了解できないのは、遺憾ながら当然のことで、台湾籍離脱にしても本当にされたか疑問という声も読者から寄せられています。

このような状況は私たちの望むところでありませんが、事実関係は蓮舫氏がすでに持っておられるか容易に入手できる証拠書類とともに説明されることで容易に明らかに出来ることばかりで、すでに9月29日付けで公開質問状の項目を現時点で精査させていただき、また、新たに公開をお願いしたい項目ともども、第二次公開質問状を提出させていただきます。

前回の繰り返しですが、「もし、蓮舫さんがこうした疑惑を追及する立場だったら舌鋒強く『なぜ証拠書類を出さない』と仰っていたであろう」と多くの国民が感じているところです。

とくに、以下の書類を是非とも公開されたいところです。なぜなら、現状では、国籍選択をされたのか、本当に二重国籍状態は解消されたのか、蓮舫氏の一方的な説明に過ぎないからです。

①10月7日にされたという国籍選択後の戸籍謄本

②9月6日に台湾の代表処に出された台湾旅券を含むすべての書類

③9月23日に台湾の当局から受け取られた国籍喪失証明書

④「法定代理人を含めやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」という文書。

また、書類の問題でないが、次の点についての見解を新たに明らかにすべきと考えます。

①戸籍謄本をみれば容易に知ることが出来るはずの「国籍選択をしていないこと」に気がついたのはいついかなる経緯だったのでしょうか。

②過去の自分が二重国籍であるとの発言は、結果的には真実だったとわけですが、もし、蓮舫さんが言うように虚偽であると主観的に信じながら発言していたということになると、タレントおよびキャスターとして許されない経歴詐称を意図的にしようとしていたことになりますが、その道義的責任についての見解は?

私どもの質問の一部については、9月7日に質問をお届けしたところですが、あらためて、ほかの諸点とともにお届けし、当方への書面(メールはこちら)、記者会見、当方のサイトへの寄稿のいずれでも結構ですので、明らかにしていただくことを希望します。

とくに、当方のサイトでの自由な投稿の機会をご用意してきたし、今後もできることは、在来の新聞、雑誌、放送とはまったく違う公正なものであるという自負をお伝えしたいと思います。(項目ごとのカッコ内は当方の見解です)

アゴラ編集部

以下は前回の公開質問状とその後の状況

①蓮舫氏は1967年11月28日に中国人の父と日本人の母の間に東京で生まれた
(・・・書類なしだがほぼ確実)

②当時の国籍法の規定により台湾籍となり謝蓮舫と称す

と③国籍法改正のために1985年1月21日に日本国籍取得
(・・・書類の一部がYahoo!ニュースに掲載されたことはある。確実ではないが事実の可能性は比較的高い)

④台湾代表処に③を報告する
(・・・蓮舫氏は国籍離脱届けだったと思ったが(あり得ず)内容不明とするが、日本国籍取得の届け出であったことが判明ずみ。時期は③と同日ないし遠くない時期だが書類なしで真偽不明。)

⑤日本の区役所での国籍選択宣言
(「18歳ないし19歳のときに行ったと推測できるようなことをいっていたが今回はしたかどうかも曖昧。日付は言及せず。もちろん証明書なし。」と指摘していたが、これについては、選択宣言をされていなかったことを認める)

⑥台湾の代表処での国籍離脱手続き

(・・・したかどうかも含めて記憶が曖昧だったが今回していないことが判明)

⑦台湾代表処への9月6日申し入れ

(・・・・台湾籍が残っているかどうかを調べ、残っていたら離脱したいむね書類を揃えて申請。秘書がマスコミに目撃される。ただし、相談申請の内容は書面では示さず不明(パスポートなど含まれていたと主張)

⑧台湾代表処から9月12日に国籍が残っていたと通知

(・・・書面で示されず真偽不明)

⑨台湾代表処から国籍喪失が9月23日に認められたと通知

(・・・書面で示されず真偽不明。来年になると台湾の官報に掲載される可能性)

⑩9月23日に喪失証明をもって区役所に届け出

(「・・・国籍選択をしていなかったので改めてした可能性が高いがそれ以外の可能性も完全には排除されず。いずれにしても証明されず真偽不明」と指摘していたが、国籍選択のために台湾の国籍喪失証明を提出されたが不受理だったことが判明)

⑪台湾パスポートは最後はいつが最終期限だったのか。最後に使ったのはいつか。

(「・・・不明」としていたが、現在も公表されず)

⑫中国留学時にすべての機会において台湾人としての権利行使をしなかったか。台湾人であるほうが様々の料金が安いが。

(・・・不明の状況はかわらず)

⑬自分の戸籍(原戸籍を含む)に記載されている台湾籍についての内容を見たことがないのか
(・・・あたかも皆無であるかのように主張しているが不自然)

⑭父親の戸籍

(・・・見たことがなく台湾籍だったかどうかも不明とYahoo!インタビューで語っているが現在でも同じ主張か。状況はかわらず)

⑮日本のパスポートで台湾や中国に出入国していたならパスポートで証明できる。若い頃も含めて知りたい

(・・・古いパスポートも普通は残しているはず。状況はかわらず)

それに加えて、新たに以下の

①法務省から国籍選択宣言を求められた行政指導が書面であればその書類。口頭であればその正確な内容。

②国籍選択宣言は10月7日にされたと一部で報道されているが、その真偽と、国籍選択をされたことが記載された戸籍謄本。

③「法定代理人を含めやりとりし、法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と仰ったと報道されているが、いかなる意味か不明であり、その法務省からもらった文書を公開すべき。「現在はもはや違反状態でない」という意味であって、過去に違反状態でなかったことを意味するような誤解を招く表現をするべきでないと考えます。

④国籍選択については、17歳のときに国籍取得をしたときに同時に終了していたという勘違いをすることは通常あり得ない。従来、蓮舫氏が主張していたのは台湾籍離脱が終了していたということであって、国籍選択も済んだということでありません。

そして、国籍選択をしたとすれば、戸籍謄本にそれが記載され、結婚などで新戸籍となっても継承記載されるので、その記載がないことで、国籍選択をしていないことが容易に分かったはずで、それに二重国籍問題を私たちが指摘しするまで気がつかなかったことは通常あり得ないはずです。

さらに、通常あり得ないことながら、アゴラで指摘されるまで知らなかったとしても、指摘された段階で自分の戸籍謄本を見ればただちに知ることができたのであり、民進党代表選挙の最中だたのだから、すみやかに、事実を調査し、公表するべき状況だったと考えられる。国籍選択をしていなかったことに気がついたのはいつどのようにしてか公表すべきではないでしょうか。

⑤過去に二重国籍あることにたびたび言及されているが、もし、蓮舫氏のいうように、国籍取得をもって国籍離脱したと信じていたとしていたとすれば、台湾単独籍からいきなり日本単独籍になったと認識していたはずで、二重国籍状態の時期はなかったと主観的には認識していたことになり、「二重国籍」発言は虚言でファンや視聴者を騙そうとしたという主観的意図でなされていたことになり。(結果的には虚言でなかったのではあるが)タレントおよびキャスターとして道義的にゆ許されない経歴詐称を試みていたことになるが、その責任についてファンや出演報道機関などに謝罪すべきではないでしょうか。

⑥戸籍などが個人的処理であることを公開しない理由としているが、Yahoo!のインタビューで国籍取得時の戸籍の一部を公開しているのであるから、一貫していないのではないかと思うが、これについての見解はいかがでしょうか。

※アイキャッチ画像は、10月15日のぶら下がり会見の動画より(出典;民進党サイト)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、芸能界引退...ダウンタウン松本の「下手したら廃刊」発言が批判の矛先に
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
成宮寛貴、実弟が明かす“兄への感謝”
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加