新たながんの治療法に期待-理研、がん細胞の接着を回復させる機構を発見

新たながんの治療法に期待-理研、がん細胞の接着を回復させる機構を発見

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/07
No image

理化学研究所(理研)は12月6日、大腸がん由来細胞株の細胞間接着の形成を回復させる機構を明らかにしたと発表した。

同成果は、理研 多細胞システム形成研究センター高次構造形成研究チームの竹市雅俊チームリーダー、伊藤祥子 研究員と環境資源科学研究センター創薬シード化合物探索基盤ユニットの大貫哲男副基盤ユニットリーダーらの共同研究グループによるもの。詳細は英国の学術誌「Nature Communications」に掲載された。

正常な上皮組織の細胞には極性があり、頂端部側で強固に接着して組織の安定性を維持している。がんが進行すると極性が失われるとともに、細胞間の接着構造が乱れていく。がん由来の細胞株では、さまざまなタイプの接着異常が観察され、このような変化は、がんの浸潤性や転移能を高める恐れがある。しかし現在のところ、この異常を元に戻す治療法は明らかにはなっていない。

今回、共同研究グループは、正常に接着できない大腸がん由来細胞を用いて、約16万種類の化合物の中から細胞の接着を回復させる薬剤を探した。その結果、細胞骨格の1つである微小管を壊す複数の薬剤に、接着構造を回復させる作用があることを発見した。

微小管重合阻害剤などの薬剤は、微小管の脱重合を介して、RhoAという細胞内シグナルタンパク質を活性化し、次いで、アクチンとミオシンの複合体であるアクトミオシンを細胞表層で収縮させた。この収縮は、細胞と細胞の境界面に「張力」として伝わり、張力に反応して別のアクチン制御タンパク質が細胞境界面に集まり、その結果、大腸がん細胞に、正常に近い接着構造が再形成されることが明らかになった。

今回の成果を受けて研究グループは、今後の展開について、生体における実際のがん細胞が、同様な異常と薬剤反応性を持つかどうかを検討し、さらなる接着回復剤を探索することにより、新たながんの治療法として貢献することが期待できるとコメントしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スーパーマリオ64」が脳をアルツハイマー病から守るのに役立つという驚きの研究結果
結局「子宮頸がんワクチン」は接種すべきか?生物学者の見解は
地球が生みだしている「謎のノイズ」の詳細が新たに判明、季節による違いはなく固有周波数も明らかに
二次元物質「グラフェン」が永久機関になる可能性がガチ浮上! “夢の新素材”がフリーエネルギー時代をもたらす!(最新研究)
木曜深夜にNASAが超重大・緊急発表!! 「ケプラー宇宙望遠鏡」が宇宙人のメッセージ受信、AIが解読成功の歴史的快挙か!?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加