中央線「昭和グルメ」を巡る 第11回 元祖のりトースト「珈琲専門店エース」(神田)

中央線「昭和グルメ」を巡る 第11回 元祖のりトースト「珈琲専門店エース」(神田)

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/01/22
No image

いまなお昭和の雰囲気を残す中央線沿線の穴場スポットを、ご自身も中央線人間である作家・書評家の印南敦史さんがご紹介。喫茶店から食堂まで、沿線ならではの個性的なお店が続々と登場します。今回は、神田にある「珈琲専門店エース」です。

○変わらぬレトロ感は完成の域

いまから25年ほど前(そ、そんなに経つのか……)、神田の小さな広告代理店に勤めていました。事務所のあった内神田周辺には、多くの思い出があります。

たとえば、西口商店街から少し外れた一角にある「珈琲専門店エース」もそのひとつ。たしか最初は会社の人に連れられて行ったのですが、気に入ってしまい、以後も何度か足を運んだのです。

それにしても、約25年ぶりかー。いくらなんでもブランク空きすぎですね。でもうれしかったのは、お店の雰囲気があのころとまったく変わっていなかったこと。ずっと時が止まっているかのように、そこで待っていてくれたのです。

そもそも1990年代の時点で、すでにレトロ感は完成の域に達していたしなぁ。まぁ変わりようがないお店だし、変わってはいけないお店でもあるんですけど。

オープンから49年だというので、1971年以来の歴史があることになります。70年代といえば、「珈琲専門店」の全盛期。店頭のメニューにはさまざまなコーヒーのメニューが並んでいますが、当時はこのバリエーションの豊富さがセールスポイントになっていたんですね。

なお、そんなこともあり、以後この記事では「コーヒー」をあえて「珈琲」表記に統一したいと思います。やっぱりエースは「コーヒー」ではなく、「珈琲」のお店ですから。よく見ると「コーヒー」と書かれている箇所もあるのですが、それでもやっぱり、ここでは「珈琲」が正しい気がします。

○「バター珈琲」と「のりトースト」は相性抜群

カウベルがカランコロンと音を立てるドアを開けて入ってみると、目の前にはベージュを基調とした空間が広がります。

いたるところにディスプレイされた手書きのメニューはコーヒー色で、テーブルや椅子もベージュとブラウン。つまり、そこにあるすべてのものが同じ色調で統一されているのです。

おしゃれだなー。店内にBGMはなく静かですが、別に音はいらないなぁと思わせてしまうから不思議。

ともあれ、このお店を再訪したとなれば、頼むべきメニューは決まっているのでした。「バター珈琲」と、名物メニューである「元祖 のりトースト」。

というのも僕、このお店のことを思い出すたび、なぜかバター珈琲を頭に思い浮かべてしまうのです。バター珈琲なんて、普段はほとんど飲むことがないのに。

記憶は定かではないものの、もしかしたら、あのころ飲んでおいしかったからなのかもしれません。もちろん推測ですけれど、いずれにしても僕のなかでは「珈琲専門店エース=バター珈琲」なのです。

ちなみに僕はブラック派なのですが、バター珈琲に関しては話が別です。なぜって砂糖の甘味を加えると、珈琲とバターの香りが効果的に引き立つから。

でも、シュガーポットを開けて珈琲に砂糖を入れるという作業自体、何十年ぶりって感じだよなぁ。そんなことを考えながら砂糖を2さじ入れてかき混ぜて飲んでみると、ふわーっとした風味が広がっていきます。

やっぱりおいしいわー。そしてもうひとつ、このお店を代表するのが「珈琲との相性抜群」と書かれた「元祖 のりトースト」です。

その名のとおり、のりをパンではさんだシンプルなトースト。サクッとしたパンの食感、バターの風味、のりの香ばしさ、アクセントのしょうゆのバランスが絶妙で、珈琲との相性抜群です。

ちなみにマスターにお聞きしたところ、のりトーストのアイデアのもとになっているのは「母親がつくってくれたのり弁」なのだとか。なるほど、発想の勝利ですね。

訪ねたのは、朝の11時すぎ。途中で「ひとりなんですけど」とお客さんが入ってきたり、珈琲会社の営業マンが新人社員と同伴で挨拶しにきたり。

穏やかに、平日午前の空気が流れていきます。なんてことのない時間が、いかに大切であるか。そんなことをエースは教えてくれたのでした。

●珈琲専門店エース

住所:東京都千代田区内神田3-10-6

営業時間:月~金7:00~18:00

土7:00~14:00

定休日:日曜日・祝日

○著者プロフィール : 印南敦史(いんなみ・あつし)

作家、書評家、フリーランスライター、編集者。1962年東京生まれ。音楽ライター、音楽雑誌編集長を経て独立。現在は書評家としても月間50本以上の書評を執筆中。『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)ほか著書多数。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【和スイーツ代表といえば!】自由が丘の美味しいスイーツ見つけました!
え、こんな専門店あったんだ...!最近増えている美味しさを追求した「〇〇専門店」を5つまとめました【東京編】
ガストが群馬県民に宣戦布告か 高崎の名店『シャンゴ』に似たパスタを発売
季節の変わり目で疲れた体が温まってじ~んわり美味しい参鶏湯4選
ランチ、テイクアウト、食べ放題まで!錦糸町で見つけた人気寿司店10選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加