東京メトロ、日常の移動時間に“バーチャル旅行”を楽しめるアプリ「tento.」公開

東京メトロ、日常の移動時間に“バーチャル旅行”を楽しめるアプリ「tento.」公開

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/12/05
No image

東京メトロは12月5日、毎日の通勤や通学の時間を楽しむバーチャル旅行アプリ「tento.」を公開しました。

日常の移動をしながら旅行できるとは

通勤・通学中の移動距離をもとにした「バーチャル旅行」が楽しめるという内容。アプリを起動し、移動区間を打ち込むと、距離に合わせてバーチャル旅行がスタートします。移動距離に応じてスマートフォンに風景が映し出され、旅行が進んでいきます。

No image

AppStore にて無料でダウンロードできます

コースは東京マラソンコース、国内の“ある文学作品”にまつわるコース、海外の“ある大陸”を横断するコースの3種類。最初は東京マラソンコースからスタートし、国内から国外へと旅は広がっていきます。各コース中にはチェックポイント(世界遺産などの有名スポット)が設定されていて、名所のさまざまな景色が楽しめます。さらに全部のコースをクリアすると、最後に隠しコースも登場するとのこと。

No image

ダウンロードしたらこのようにアクセスして旅の始まり

No image

ダウンロードしたらこのようにアクセスして旅の始まり

No image

東京からスタートします

No image

東京からスタートします

また、このアプリの楽しみの1つにチャット機能があります。同じタイミングでチェックインしている他のユーザーとチャットが可能で、まるで旅先で偶然同じ列車に乗り合わせた人たちと交わすような会話を楽しめるそうです。

退屈になりがちな通学通勤時間も、こんな旅に出てしまえば楽しいものになるかもしれませんね。

開始日 2017年12月5日

アプリ「tento.」

対応OS iOS10.0以上(iPhone5以降) ※本アプリはAndroidには対応しておりません。

利用料 無料(通信料は除く)

(クラタマスミ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2018年のカレンダーを作る!無料でダウンロードできるサイトを紹介
愛知県警、全国初の「ぼったくり対策アプリ」を開発、無料で使える
【今日の無料アプリ】240円→無料♪「BlackCam - Black&White Camera」他、2本を紹介!
Twitter、今度は「Togetter」開発者を凍結―Togetterの機能も一部遮断
2017年の総括その2:モバイルに記録される「生活習慣」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加