北海・井平が投打に活躍 3年ぶり春の道大会出場へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/05/15

<高校野球春季北海道大会札幌地区予選:北海10-0札幌山の手>◇15日◇Aブロック代表決定戦◇札幌円山

北海が10-0の5回コールドで札幌山の手を下し、春は3年ぶり36度目の道大会出場を決めた。

右横手エースで4番の井平光紀主将(3年)が、投げては5回を4安打無失点に抑える好投。打っては5回裏の第4打席に、左中間適時二塁打を放ち勝利に貢献した。

井平は「前日(14日3回戦7-0札幌大谷)の方が(投球内容は)良かったけど、ストライク先行で、打たせて取ることだけを考えて投げた」と笑顔で試合を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
古賀悠斗(福岡大大濠―中央大)後編「甲子園、侍ジャパンの経験は大きな財産となった」
「MAJOR思い出した」「そのまんますぎ」 アメフト問題で注目、人気野球漫画のワンシーン
智弁和歌山が圧勝で近畿4強
大阪桐蔭・藤原 日体大相手に右越えソロなど2安打2打点
滝川二、乙訓に逆転勝ち 2年田辺が粘りの投球
  • このエントリーをはてなブックマークに追加