朝比奈彩、助産師助手時代を回顧<ネイルクイーン2017>

朝比奈彩、助産師助手時代を回顧<ネイルクイーン2017>

  • モデルプレス
  • 更新日:2017/11/13

朝比奈彩/モデルプレス=11月13日】13日、東京国際展示場で開催された「東京ネイルエキスポ2017」にて「ネイルクイーン2017」授賞式が行われ、モデルの朝比奈彩が登壇した。

No image

(写真 : 「ネイルクイーン2017」授賞式に登壇した朝比奈彩 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】ダレノガレ明美、橋本マナミ、岡田結実、朝比奈彩ら豪華ドレスで集結 「ネイルクイーン2017」授賞式

◆ダレノガレ明美が殿堂入り

モデル部門を受賞した朝比奈はブラックを基調にしたネイルを披露し、「黒だと強めになるので抜け感を重視しました」と解説。スポーツをすることも多い朝比奈だが「スポーツをしているときも女性らしさに気をつけながら、ネイルはアクセサリーなのでハッピーな気持ちになる」とコメント。フットネイルもハンドと同じように力を入れていることを明かし、「新しいネイルにどんどん挑戦していきたい」とネイル愛を熱弁した。

今後やりたいネイルを聞かれると、「今回は授賞式だったので派手めにしてみたんですけど、東京オリンピックも控えているのでスポーツミックスとか挑戦したい」と想像を膨らませていた。

朝比奈は芸能界に入る前、助産師の助手を経験。当時は職業柄ネイルが出来なかったため、芸能界に入ってからネイルをするようになったといい、「初めてネイルをやってもらったときはすごく感動しました」と思い出を振り返った。

◆ネイルクイーン2017

ネイルクイーンの発表は、1996年から開始し、今年で22回目。ネイルをこよなく愛し、ネイルの素晴らしさを伝えた各界著名人の中から今年最も輝いた方に贈られる。2016年は河北麻友子、藤田ニコル、真矢ミキらが受賞した。

朝比奈のほか、タレント部門に岡田結実、ダレノガレ明美(殿堂入り)、アーティスト部門に押尾コータロー、協会特別賞に橋本マナミが選出された。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵がテレビに出演しなくなった理由を告白 「納得できた」と共感の声
脱げる女優・佐々木心音×AV女優・紗倉まな「女の子たちが、絶対通る道」を語る──
異色肌ギャルがクリスマスコスプレ披露! ミニスカサンタに
飲むだけじゃない、シャンパーニュの魅力 #深夜のこっそり話 #863
けやき坂46齊藤京子 初ドラマ「怒鳴って気持ちが楽に」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加