宮古島「RuGu」でグランピング!オシャレに島の自然を大満喫

宮古島「RuGu」でグランピング!オシャレに島の自然を大満喫

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2019/10/23
No image

宮古島「RuGu」でグランピング!オシャレに島の自然を大満喫

沖縄・宮古島の自然をたっぷり、そしてオシャレに満喫したい!そんな方におすすめしたいのは、宮古島のグランピング!2019年5月に宮古島の初となるグランピング宿泊施設、「RuGu(るーぐー)」が誕生しました。宿泊するトレーラーハウスは、冷暖房はもちろん、キッチンやバス・トイレ、ベッドルームを完備した快適空間。夕食はバーベキューで島の食材が楽しめます。心地よい気候の秋冬の滞在にもおすすめ!

宮古島初のグランピング!RuGu(るーぐー)とは?

写真:中島 誠子

「RuGu」は、宮古空港から車で約20分、来間大橋で繋がる離島「来間島(くりまじま)」にあります。東洋一美しいと称される与那覇前浜ビーチを横目に、車で5分走らせると到着する来間島。周囲9km、手つかずの自然が残る美しい海に囲まれた小さな島は、観光客で賑わう市街地の喧騒から離れた自然の楽園です。

RuGuは、そんな来間島を存分に味わえるグランピング施設。見渡しても民家すらない、ただただ自然に囲まれたロケーションで、グランピングを楽しんでみませんか?

No image

写真:中島 誠子

到着して出迎えてくれるのは、オシャレなテント。ここがチェックインのフロントになります。ヴィンテージライクなテントの中は、旅に来た!キャンプに来た!と旅のスタートをワクワクさせてくれる空間です。

No image

写真:中島 誠子

RuGuのコンセプトは、自然を最大限に生かし、人や文化、自然をありのままに触れることができる”Localing(ローカリング)”という旅のスタイルの提供。そのため、宿泊施設は、自然の造形を最大限に生かしつつ、快適な空間を提供するグランピングの要素を取り入れたトレーラーハウスです。そんなRuGuの敷地内は、バナナの木やヤシの木などの南国の木々に囲まれ、リゾート感たっぷり!

トレーラーハウスの中は超オシャレで快適!

No image

写真:中島 誠子

トレーラーハウスは全部で16棟あります。その中は、ヴィンテージモダンなデザインで、無骨な外観からは想像できないほど超オシャレ!リビングを中心に、2つのベッドルーム、簡易キッチン、シャワールーム、テラスがあり、広さは28平米です。リビングの片側が全面ガラス窓なので、意外と広く感じるでしょう。

また、エアコンが完備されているので、夏でも快適!宿泊するトレーラーハウスの前に車を駐車することができ、まるで一軒家のようです。

No image

写真:中島 誠子

ベッドは、シモンズのマットレスが使われています。ここだけを切り取って見たらホテルみたいですよね。しかし、ここはトレーラーハウス。夜は、虫達の声、風の音、木々が揺れる自然の音が聞こえてきます。

そう、RuGuは、「自然との境界を限りなく0に」をテーマに、眠りに落ちる瞬間まで自然を体感することができる場所なのです。これはホテルではなかなかできない体験ではないでしょうか。

No image

写真:中島 誠子

他に、空間が仕切られているもう1つのベッドルームがあります。そのため、大人4名まで宿泊が可能。お子さんは添い寝も可能ですので、ファミリーやグループでの旅行におすすめです。

機能的なお部屋だからキャンプ初心者でも安心!

No image

写真:中島 誠子

簡易キッチンには、流し台と冷蔵庫が備えられています。トースターや電気ケトルもあるので、コーヒーを入れたり、朝食のパンを焼いたりすることができて便利です。室内はフリーWi-Fiが使えるので、音楽とともにリラックスするのもいいですね。

また、シャワールームもコンパクトながら機能的で、洗面台とウォシュレットトイレ付き。アメニティもボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、ハンドソープ、ハミガキセットと揃っているので安心です。ちなみに、使用したタオルを外に出しておくと、新しいタオルを補充してくれるありがたいサービスもあります。

このように、設備はホテル同等、いやそれ以上です!これならアウトドアやキャンプ初心者、お子さん連れでも安心ですね。

No image

写真:中島 誠子

外にはウッドデッキのテラスも!周りに木々が多いため、自然を身近に感じることができ、とても気持ちがいいテラスです。朝食はぜひこちらで。

朝食はパン、スープ、ヨーグルトなどで、前日の夜にスタッフがお部屋まで届けてくれます。かわいいバスケットに入った朝食に気分がアップするはず。

No image

写真:中島 誠子

トレーラーハウスには、まだまだ空間があります。なんと、ルーフトップ付き!昼も夜もぜひここでのんびりしてみてください。

何もせず、さとうきび畑や緑を眺めながら、潮の香りを感じて・・・ぼ~っと自然に身をゆだねる時間。いつも忙しい方にとって、何もしない時間もたまには必要かもしれません。

アウトドアバーで乾杯!グランピングの醍醐味、BBQを満喫!

No image

写真:中島 誠子

夕食は、RuGuのBBQを!夕暮れにアウトドア空間でBBQが楽しめるのは、グランピングの醍醐味。夕方、刻々と変化する夕日に染まった空の下、アウトドアのレストランがオープンします。ランタンが灯るテーブル、そして南国の木々に囲まれたBBQスペースは幻想的。そんな素敵な空間で、島の食材をふんだんに使ったBBQディナーを満喫しましょう!

BBQと言っても、自分で焼くのではなく、調理スタッフが一つ一つ丁寧に焼いてくれるスタイル。BBQ検定の資格を持つスタッフが、食材にこだわり、焼き方にこだわり、ワンランク上のBBQディナーを提供してくれます。

No image

写真:中島 誠子

ディナーはセットメニューとなり、あぐー豚やウィンナー、島野菜など、島の味覚が堪能できます。BBQ器材は、最強のBBQグリルと言われるWeberを使用。食材は火から遠い弱火の場所でじっくり・・・ピーマンは切らずにまるごと・・・塩は食材が活きる岩塩を・・・などなど、スタッフにBBQのコツを聞いたら止まりません。

そんなこだわり抜いたディナーは絶品!そして、ただ食べるだけでなく、島のことやBBQのことなどを教えてくれるスタッフの方との会話も楽しめます。これもLocalingの一つ。テーブルにはBBQガイドが用意されているので、焼き方や調理方法を学んでみてください。

No image

写真:中島 誠子

オシャレなバーカウンターには、ワインやビールをはじめ、泡盛など、美味しいお酒がずらり。究極のBBQディナーとともに、アウトドアバーのお酒も楽しみましょう。BBQにプラスして飲み放題プランもありますので、仲間とともにワイワイRuGuの夜を過ごしてみて!

RuGuの夜は夕日からはじまり、夜空の星ととも過ごして・・・

No image

写真:中島 誠子

RuGuから徒歩30秒の場所にある長崎浜。毎年、竜宮(りゅうぐう)の神様をお迎えする場所として島人に大切にされてきた場所です。RuGuの名は、その神聖な場所から付けられました。

こじんまりとした穴場的なビーチなので、人が少なく、景色を眺めるのに最高のビーチです。神聖な空気を感じながら、昼間は美しい宮古ブルーの海を眺め、夕方は夕陽を眺めて、自然と一体になってみるのもいいでしょう。

No image

写真:中島 誠子

夜が更けBBQも終わった頃、ファイヤーピットには火が灯り、夜のスモアナイトが始まります。心地よい風に吹かれながら、焚火を囲って、しばしRuGuの夜に浸ってみて!

No image

写真:RuGu

宮古島は星が綺麗なことをご存知でしょうか。特にRuGuの周辺は何もないので、外が真っ暗。星空観察に最高のロケーションです。ぜひルーフトップで、星空観察も満喫してくださいね。今までに見たことのない世界が見られるかもしれません。

また、敷地内は、ヤドカリの散歩道でもあります。大きなヤシガニに出会うこともあるかもしれません。ワイルドだけど、オシャレ。そして、アウトドア感たっぷりのRuGuで、思いっきり来間島の自然を満喫してくださいね。

自然だけじゃない、観光やグルメも楽しめる!

いかがでしたでしょうか。扉1枚で外に出ることができるトレーラーハウスは、来間島の自然を快適に満喫できる理想の宿泊形態かもしれません。自然やキャンプが好きな方はもちろん、アウトドア初心者やお子さんも楽しめる場所です。

そして、来間島は自然が魅力なのですが、実は観光やグルメも楽しめる場所なんです。島の入口付近には、観光スポットの「竜宮展望台」があり、オシャレなカフェや雑貨屋さんが何店舗かあり、宿からちょっとおでかけしたところで、観光やグルメも楽しむこともできます。

ビーチ遊びやマリンスポーツを楽しみたい方は、車で5分の与那覇前浜ビーチへ、シュノーケルを楽しみたい方は、来間島のタコ公園や宮古島本島のビーチなどにお出かけしてみてくださいね!

関連MEMO

RuGu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カシミヤ100%セーターは衝撃の3000円引き! ユニクロの「感謝祭」買うならこれ!
会社の飲み会で1万円札を出したら... 翌日恐ろしいことに気付く
届いたAmazonの箱を開けたら... 「こんなの初めてでパニック」
無印良品の99円アイテムが、家中にあちこち置いておきたくなる隠れた逸品だった...│マイ定番スタイル
クモは益虫? 害虫? 家で見かけたらどうする?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加