「東京モーターショー2017」総括、言うほど悪くない? ショーウォッチャーはこう見た

「東京モーターショー2017」総括、言うほど悪くない? ショーウォッチャーはこう見た

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2017/11/12

地盤沈下? 視点を変えれば実に充実

「東京モーターショー2017」が10月27日(土)から11月5日(日)の日程で開催(一般公開)され、77万1200人もの来場者が2年に一度の、国内最大の自動車ショーを楽しみました。

No image

「東京モーターショー2017」は国内外153の企業・団体が出展、380台の車両が展示された。写真はイメージ(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

ただし、今回の東京モーターショーは、アメリカ、イタリア、イギリスの自動車ブランドが不参加。ドイツとフランスからの参加はあったものの、それらのワールドプレミア(世界初公開)はゼロ。会期中に2回あった週末も、初回に台風が直撃してしまったことで、来場者数は前回2015年の81万2500人に届かず。バッドニュースだらけで、「東京モーターショーの地盤沈下」「低予算の手抜きショー」「つまらない」などといったネガティブな意見が数多く出てしまったようです。

しかし、年間3回から4回、世界のモーターショーを見て回っている筆者(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト。今年はデトロイト、上海、フランクフルトを取材済み)のようなモーターショーウォッチャーからすれば、それほど悪いショーではありませんでした。

むしろ、今回は、テーマがハッキリしていて見ごたえがあったショーでした。テーマとは世界の自動車業界のトレンドです。それは「電動化(EVやハイブリッド、FCVなど)」「知能化(自動運転技術やAI技術など)」「コネクテッド」です。また、2年前の排気ガス不正発覚の後、EVへの注力を露わにしたドイツからの「EVシフト」という流れもあります。これらトレンドに対して日系ブランドはどのように応えたのか、そうした視点から見れば、今回の「東京モーターショー」は非常に興味深いものであったのです。

ちなみに、数年前までの世界のトレンドは「SUV」であり、「どこのブランドから、どんなSUVが出た」という話に終始していました。それを考えれば、現在のトレンドはもっと技術範囲も視野も大きく、ウォッチャーとしての興味もさらにそそります。

トレンドに乗ったのは日産と三菱とホンダ

世界のトレンドにすっかり乗ったのが日産と三菱自動車、そしてホンダです。

日産は自動運転技術を搭載したクロスオーバーEVのコンセプト「IMx」。三菱自動車からは、AI技術を搭載したクロスオーバーEVのコンセプト「e-EVOUTION」が出品されています。どちらも、ルーフのシルエットは流麗でクーペのよう。ちなみにアウディのAI搭載EVコンセプト「Elaine」もクーペライクなクロスオーバー。しかも、3社のブース配置は通路を挟んで向かい合わせ。トレンドど真ん中といった景色が楽しめました。

No image

日産のダニエレ・スキラッチ副社長とクロスオーバーEVコンセプトカー「IMx」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

ホンダは、「フランクフルトモーターショー(IAA)」で発表したEVコンセプト「アーバンEVコンセプト」と、その派生のスポーツモデル「スポーツEVコンセプト」を出品。もちろん自動運転技術が搭載されています。また今回、ホンダは「アーバンEVコンセプト」を2020年に日本に導入すると発表しています。「EVシフト」に合流する姿勢をホンダは見せてくれたのです。

独自路線を見せたマツダ、スバル、スズキとダイハツ

世界のトレンドとは距離を置き、デザインコンセプトを出品したのがマツダとスバルです。マツダは次世代の自車デザインを示唆する「VISION COUPE」。スバルは未来のスポーツセダンをイメージさせる「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」です。特にマツダのデザインコンセプトは、前回の「東京モーターショー」と同様に非常に評価が高かったようで、あちらこちらで「格好良い」という声を聞きました。

スズキは「XBEE」と「スペーシア」という2台の量産直前のクルマを出品。2018年1月の、スズキ恒例の初売りの目玉となることでしょう。

ダイハツは5台ものコンセプトを出品。特に人目を引いたのは1960年代のダイハツの名車「コンパーノ」を現代に復刻させるコンセプト「DN COMPAGNO」。非常に夢のあるクルマです。

マツダ、スバル、スズキ、ダイハツは、正直、会社の規模が小さいため、「電動化」「知能化」「コネクテッド」を自社だけで追及するのは無理があります。「それならば、別の方法で!」という出展でしたが、それはそれで面白い内容だったと思います。

日本を代表してトヨタがアピールしたのは

トヨタのブースは、ボリュームも内容もたっぷり。新たに立ち上げたスポーツブランドであるGRを並べたエリアもあれば、「センチュリー」や「クラウン」、「JPNタクシー」といった新しい量産モデルもあります。さらにEVコンセプトである「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズにFCV(燃料電池車)コンセプトの「FINE-Comfort Ride」とFCVバスの「SORA」。いろいろありすぎて、総花的にも見えてしまいます。

しかし、ディディエ・ルロワ副社長が登場したプレスカンファレンスを要約すると「トヨタは電動化/知能化/コネクテッドというトレンドもおさえる。EVの技術は持っているし、次世代に向けてちゃんと準備はしている。ただし、日本の大方針であるFCV(燃料電池車)には、力を注ぎ続ける」というものでした。プレスカンファレンスに豊田章男社長ではなく、フランス人の副社長が登壇したのは、欧州へのアピールを優先したからとか。確かに2015年のイチロー選手と章男社長の日本語でのかけあいプレスカンファレンスは、欧州の記者に興味を抱いてもらえなかったことでしょう。それだけ今回は、欧州へのアピールを真剣に考えていたのでしょう。

No image

トヨタのプレスカンファレンスに登壇したルロワ副社長と「TOYOTA Concept-愛i」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

世界のトレンドに対する、それぞれのメーカーの対応と考えが楽しめたのが、「東京モーターショー2017」でした。ちなみに10日間で77万人の来場者数は、それほど悪くない数字だと思います。9月にドイツで開催された「フランクフルトモーターショー」ですら、動員は10日間の開催で81万人。「東京モーターショー」の来場者数は、それほど見劣るわけではないのです。

それに1日あたり10万人も来場すると、人が多すぎて展示車両をまともに見ることもできません。主催者の立場からすると、来場者数は多い方がよいでしょうが、見に行く立場からいえば、今くらいが限界なのでは。「これ以上、混んでいるショーには、あまり行きたくないな」というのが正直なところです。

【写真】乗りものニュースでもっとも読まれたTMS記事は…?

No image

「乗りものニュース」のTMS2017関連記事でもっとも読まれたのは「マツダブース コンセプトカーなどに見えた数年後のリアルとは?」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【山一証券自主廃業20年】「二度と山一の門をくぐるな」と言われたあの日 “新”山一証券、M&A助言で「法人の山一」復活目指す
折りたたみ電動バイク「BLAZE SMART EV」で、旅先での散策なんていかが?
最大90%オフ! トイザらス、ブラック・フライデーセール開催中
中国ではあり得ない、リコール神対応「ダイキン空気清浄機」日本の常識は、世界の非常識
半導体業界、史上最大の買収劇勃発...巨大独占企業誕生で業界激変か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加