ロワジャルダンなど、チャンピオンズC厩舎情報/美浦トレセンニュース

ロワジャルダンなど、チャンピオンズC厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/11/30

みやこS(GIII)をステップにチャンピオンズC(GI・ダ1800m)に駒を進めるロワジャルダンとモンドクラッセについて、管理する各調教師のコメント。

■ロワジャルダン(牡5・美浦・戸田博文)について戸田調教師。
「今日(11/30)はジョッキー(横山典弘騎手)に乗ってもらって、Dコースで追い切りました。少し追いかけるような感じでしたが、先週も長めからやっていますし、競馬の週なのでそんなにビッシリではありません。ジョッキーには馬の感触を確かめてもらいましたが、動きも良かったですし、状態は良いです。前走(みやこS・GIII・3着)は上手に乗ってくれましたし、うまく競馬をしてくれたと思いますが、勝ち切れなかったのは残念でしたね。

去年は東京を使って中1週でみやこSに行きましたが、今回は9月の中山で出走した後に、休みを挟んでのみやこSというローテーションでしたし、前哨戦としては内容は悪くないと思います。賞金的に苦しかったので、本当は賞金加算をしたかったのですが、出走できましたし、予定通りにレースには臨めると思います。去年はみやこSに勝った勢いでチャンピオンズCに向かいましたが、今年は1年の最後のレースということで目標にしていましたし、そういう意味では前哨戦の後の上積みはありますね。

ペースが緩むと厳しい面もありましたが、前走も折り合っていますし、折り合い面でも進境が見えます。昨年もそんなに差のない競馬ができていますが、最後もう1つ甘いところがありますので、そのあたりはジョッキーにうまく乗ってもらって、あとは展開が向いてくれれば、そんなに恥ずかしい競馬はしないと思います」

■モンドクラッセ(牡5・美浦・清水英克)について清水調教師。
「今日は前に目標がある形で追い切りましたが、最後まで気を抜かずに走れましたし、動きも良かったです。前走(みやこS・4着)は前半ペースが少し速くなったために、終いが少し甘くなりましたが、ここ2戦は厳しい展開の中でも崩れずに踏ん張ってくれています。能力的にはこの相手でも通用するのではないかと思います。

この中間はいつもよりも追い切りが1本足りないのと、前走は関西に輸送があっても体が増えていましたので、先週、今週としっかりとやりました。GIですから、目一杯の仕上げでレースに臨みます。中京は東海Sでの2着がありますし、自分のリズムを崩さず走ることができればと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、芸能界引退に「オレンジデイズ」北川悦吏子がコメント
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
ピコ太郎 3カ月でいくら稼いだ?試算したら驚きの結果が...
鷹の姿があまりにも威風堂々だったのでコラ職人頑張る
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加