Googleに「ネットの脅威」と定められた悪意あるソフトウェアの群れ「UwS」の対抗策とは?

Googleに「ネットの脅威」と定められた悪意あるソフトウェアの群れ「UwS」の対抗策とは?

  • GIGAZINE
  • 更新日:2015/12/11

Googleは、不正行為の疑いがあるウェブサイトを訪れようとしたユーザーに警告する「セーフブラウジング」を2007年に発表し、ウェブ上の脅威からユーザーを守るべくセキュリティの強化を図っています。しかし、マルウェアやアドウェアは恐ろしいスピードで進化を続け、新しい感染経路が次々と登場しているのが現状です。こういった新しい手法を使うウェブ上の脅威を、Googleが「Unwanted Software...

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加