甲子園歴史館で星野さん展検討 追悼試合3・10と翌日3・11には献花台も

甲子園歴史館で星野さん展検討 追悼試合3・10と翌日3・11には献花台も

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

甲子園歴史館が4日に膵臓がんで死去した阪神元監督・星野仙一氏(享年70)の追悼展を検討していることが11日、わかった。阪神電鉄本社の関係者が明かした。実施となれば、2003年のリーグ優勝をはじめ、闘将が聖地に刻んできた歴史が再びよみがえる-。

闘将の熱き思いが愛する聖地に再び-。甲子園歴史館で4日に天国に旅立った星野氏の追悼展が検討されていることが明らかになった。阪神電鉄本社の関係者が「しなければならないと思っています」と明言した。

甲子園歴史館はこれまで阪神などが生んだドラマ、歩んできた道のりを来館者に伝えてきた。その中で星野氏がタテジマのユニホームに袖を通し、指揮を執った一時代もかけがえのない1ピースに違いない。背番号77のユニホームも展示されている。

チームの抜本的な改革に乗り出し、18年ぶりのリーグ優勝に導いた2003年。見る者を魅了したリーダーシップに虎党は夢を抱き、狂喜乱舞した。それだけに、より多くのファンが偉大な功績を再確認し、感じる機会になる。

また、3月10日の阪神-中日戦が追悼試合となることが発表されていたが、球場外周に設置される献花台は翌11日までの2日間に渡って、設置されることになった。揚塩社長は「外にも献花台を設置することで、1人でも多くの方にお別れの場を設けさせていただきます」と話しており、そんな強い願いから、“延長”に至ったようだ。

全国、そして関西の人々の心に深く刻まれている燃える男の雄姿。追悼展実施が決まり次第、展示品や企画内容を調整していくとみられる。故人をしのぶ、貴重な空間になることは確かだ。

甲子園歴史館

甲子園球場のリニューアルに伴い、2010年3月、外野スタンド内に誕生した博物館。甲子園球場、阪神タイガース、高校野球、アメリカンフットボール「甲子園ボウル」などの歴史的資料、ユニホーム、サイン、選手愛用品などが、展示されている。体験型アトラクションも設置。入場料は大人600円、子供(4歳から中学生まで)300円(団体割引あり)。スタジアムツアーも実施。近年は台湾など外国からの観光客も増えている。

No image

甲子園歴史館に展示されている星野仙一氏の背番号77のユニホーム。追悼展の開催に向けて検討が始まった

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元巨人・村田、「独立リーグも視野」の行き先探し
DeNA・ラミレス監督、日本国籍を年内取得へ!第二の故郷へ「恩返し」
森祗晶氏「若手の良い手本、刺激」/片平さん悼む
菅野、開幕へマイペース調整 ハワイとの気温差30度「まずは体慣らす」
DeNAラミレス監督が日本国籍取得へ、既に申請中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加