打倒羽生へ!平昌金へ!宇野、SP自己ベストで首位/フィギュア

打倒羽生へ!平昌金へ!宇野、SP自己ベストで首位/フィギュア

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/16

フィギュアスケート・ロンバルディア杯(14日、イタリア・ベルガモ)開幕し、男子ショートプログラム(SP)で、昨季の世界選手権2位の宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が、同選手権でマークした自己ベストを0・01点更新する104・87点で首位に立った。平昌五輪で羽生結弦(22)=ANA=と金メダルを争う19歳が、シーズン初戦で好発進した。ジェーソン・ブラウン(22)=米国=が83・01点で2位。男子フリーは日本時間16日に行われる。

黒を基調とした衣装に身を包み、宇野が優雅に舞った。イタリアで迎えた平昌五輪シーズンの自身開幕戦。ビバルディ作曲「四季」の「冬」に合わせ、大人の演技を披露した。昨季の世界選手権(ヘルシンキ)でマークした自己ベストを0・01点更新する104・87点で首位に立った。

「去年ならガッツポーズしていたかもしれないが、そういう気にもならない。思い描いたのと同じぐらいの点」

高得点にも、浮かれた様子はない。冒頭の4回転フリップの着氷で上体が右に傾いたが、目立ったミスはそれだけだった。一方で、スピンやステップでは最高のレベル4ではなく、レベル3にとどまった要素もあった。「点も内容もまだまだ足りないことがある。ステップも間違えたし、全然体に染みこんでいない」。向上心の尽きない19歳は、完成への第一歩にすぎないことを強調した。

平昌五輪シーズンとなる今季。来月末から始まるグランプリ(GP)シリーズを前に課題を洗い出し、試合勘を取り戻す時期だ。選手によって初戦は異なり、宇野は昨年に続きイタリアでのロンバルディア杯を選択。五輪で最大のライバルとなる羽生は、拠点を置くカナダで開催されるオータム・クラシック(日本時間21日開幕)が今季初戦。同じく金メダル候補のネーサン・チェン(18)=米国=は、同15日に母国で開幕したUSインターナショナルクラシックに出場し、安定した演技を披露した。金メダルを目指した戦いが世界各地でヒートアップしてきた。

16日に行われるフリーで、宇野は4回転ジャンプでは最も高難度のルッツを含む4種類、5度の4回転ジャンプに挑む。4回転だけをみれば、羽生を上回る難度の高い構成で、決まれば金メダルが見えてくる。

昨季、羽生を目標としつつも「負けたくない」とライバル心をあらわにした19歳。王者に挑む宇野の五輪シーズンが、いよいよ幕を開けた。

★羽生の現状

羽生の今季初戦は、20日(日本時間21日)にカナダ・モントリオールで開幕するオータム・クラシック。8月8日(同9日)には拠点のトロントで練習を公開。2015-16年に史上初の200点超えをマークしたナンバーで、映画「陰陽師」の楽曲を使って安倍晴明を演じる「SEIMEI」を今季のフリーで使用すると発表した。

平昌五輪への道

日本男子の出場枠は3。まず全日本選手権(12月、東京)優勝者が決まり、同大会の2位か3位、またはグランプリ(GP)ファイナル(12月、名古屋)での成績上位者2人のうちから2人目を選ぶ。3人目は2人目で外れた者や全日本選手権終了時点の世界ランク上位、シーズンランク上位、シーズンベストスコア上位の各3人から総合的に判断する。

No image

宇野昌磨・SP得点詳細

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦 約3年ぶりの150点台...自己ベストからマイナス67点「もどかしい」
羽生結弦フリー精彩欠き2位 3回転半転倒などミス
<フィギュア>羽生結弦がSP歴代最高得点を更新!中国のファン熱狂=「もはや帝王」「彼との結婚がまた遠のく...(泣)」
三原、悔しさと収穫=オータム・フィギュア
伝説のバトン言葉を部屋に飾る/羽生とっておきメモ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加