大迫勇也の復帰後初ゴールは幻に...ブレーメンは首位ボルシアMGに3失点で敗北【ブンデス】

大迫勇也の復帰後初ゴールは幻に...ブレーメンは首位ボルシアMGに3失点で敗北【ブンデス】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/10
No image

幻のリーグ5点目も生んだ大迫。ボルシアMGの執拗なマークに苦しんだ。 (C) Getty Images

現地時間11月10日、ブンデスリーガの第11節が行なわれ、ブレーメンはアウェーで現在リーグ首位のボルシアMGと対戦。1-3で敗れた。

前節で先発復帰を果たした大迫は2試合連続でCFで先発。最終ラインのミスなどから20分、22分と2点を先取された28分、短いカウンターから、ラシチャが前線にスルーパス。これをDFの裏に抜け出していた大迫がGKと1対1となり、冷静にゴールに流し込んで1点を返した。

だが、大迫にパスを出したラシチャのファウルが認められ、VARでノーゴールに。本人は非常にエキサイトした様子をみせたが、主審の判断は覆らなかった。

その後、一進一退の攻防をみせた両チームだが、今季からボルシアMGを率いるマルコ・ローゼ監督の”ザルツブルク”スタイルに適合した若い選手たちが躍動し、守護神ヤン・ゾマーの好守備も光って、ブレーメンの反撃を許さない。

59分にさらに1点を追加したボルシアMGだが87分に退場者を出し、90+3分には大迫も含む前線がボールをテンポよく運ばれ、ビッテンコートが1点を返してスコアを1-3とする。しかし、反撃はあっという間に終わりをつげ、試合はそのまま終了した。

ブレーメンはこれで9戦連続勝ち星無し。復帰した大迫は前半からボルシアMGの激しいマークに苦しんだ。次節はホームでシャルケと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
怒声・罵声禁止、練習時間短縮、お茶当番「やる意味がない」 少年野球界に新風
ウェールズ逆転予選突破 ユーロ出場20チーム決定
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
「危機的ディフェンス!」「地元での4失点は...」ベネズエラ戦惨敗の森保ジャパンに韓国メディアも注目!
代表デビュー!古橋が好機演出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加