きっと癒される、ナンセンスなイラスト&グッズ

きっと癒される、ナンセンスなイラスト&グッズ

  • SPUR
  • 更新日:2017/12/05

年末に向かって駆け抜ける師走、疲れが溜まっていませんか? そんなときこそ、ふっと笑えるユーモアに身を任せてみるのはいかがですか。おすすめは中野に移転したばかりのCORNER PRINTINGにて行われているイラストレーター、鈴木裕之さん花原史樹さんというお二人の展示。その名も「ALL 畜生 ARE BEAUTIFUL」(笑)。

No image

鈴木裕之さんのキャンバスプリント

SPUR1月号、スナップ特集のイラストでもおなじみ、鈴木さんのイラストはほのぼのかわいい動物と、振り切ったシチュエーションとのギャップが刺激的かつ魅力。一方花原さんの描くねこはやわらかい線でミニマルに描かれていて、そのニュアンスが絶妙です。そんなお二方のゆるいムードを助長するように、なんと展示会場の真ん中にはこたつも……(こちらは、こたつ横に転がっていた花原さんのクッション群)。

No image

あたたかなこたつを中心に広がる世界は、なんともやさしいムードに包まれていました。こたつの上にはもちろんみかんがあります。クッションも販売されています

プリンティング・カンパニーに併設されたギャラリーでの展示会らしく、プリントが配されたグッズも各種豊富に揃います。靴下やキャップにTシャツ、ハンカチ、ポーチ、マグカップまで。デスクに家に、隣にあればふとした瞬間に癒されること間違いありません。ちなみにこちらのCORNER PRINTINGに図版とともに依頼すれば、このようなプリントや刺しゅうのグッズをオリジナルで製作してくれるそうです。なにか頼んでみたい……。

No image

個人的には、知り合いにベビーがいたら間違いなく右手前の服を買っていたと思います。残念ながらあげる人がいないので、静かに写真に収めました。奥の総柄ポーチもかわいいんです

張り詰めた毎日の鬱憤やガスをズズズッと抜いてくれる、ユーモアある作品に囲まれて幸せでした。ぜひ訪れてみてください!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加