フェド杯 米が17年ぶり優勝

フェド杯 米が17年ぶり優勝

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/13
No image

チームを優勝へ導いたバンデウェイ : 画像提供 ゲッティイメージズ

女子テニスの国別対抗戦のフェドカップ決勝戦 アメリカ vs ベラルーシ(ベラルーシ/ミンスク、室内ハード)は12日、シングルス2試合とダブルス1試合が行われ、アメリカが17年ぶり18度目のタイトル獲得となった。

大会2日目の12日、シングルス第1試合ではC・バンデウェイ(アメリカ)とA・ サバレンカ(ベラルーシ)が対戦。ファーストサービスが入った時に78パーセントの確率でポイントを獲得したバンデウェイが7-6 (7-5), 6-1のストレートで勝利した。

続く第2試合では、A・サスノビッチ(ベラルーシ)が今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)覇者であるS・スティーブンス(アメリカ)を4-6, 6-1, 8-6の逆転で破り、2勝2敗で勝敗の行方はダブルスへ託された。

その後、ダブルスではバンデウェイ/ ロジャース組がサバレンカ/ サスノビッチ組を6-3, 7-6 (7-3)のストレートで下し、アメリカの優勝が決まった。

バンデウェイは単複で3勝をあげ、チームを優勝へ導いた。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:C・バンデウェイ 6-4, 6-4 A・サスノビッチ
・シングルス第2試合:S・スティーブンス 3-6, 6-3, 4-6 A・ サバレンカ

【大会2日目】
・シングルス第1試合:C・バンデウェイ 7-6 (7-5), 6-1 A・ サバレンカ
・シングルス第2試合:S・スティーブンス 6-4, 1-6, 6-8 A・サスノビッチ
・ダブルス第1試合:C・バンデウェイ/S・ロジャース(アメリカ)6-3, 7-6 (7-3) A・ サバレンカ/ A・サスノビッチ

フェドカップは、シングルス4試合、ダブルス1試合の計5試合によって争われ、先に3勝したチームの勝利。各試合は3セットマッチとなっている。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ゴファン4強 最後の1枠へ
最終戦 4強残り1枠かけ激突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加