VW アルテオン に2019年型、先進運転支援が充実...シカゴモーターショー2018

VW アルテオン に2019年型、先進運転支援が充実...シカゴモーターショー2018

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/14
No image

フォルクスワーゲン・アルテオン の2019年モデル(シカゴモーターショー2018)

もっと画像を見る
フォルクスワーゲンは、米国で開催中のシカゴモーターショー2018において、『アルテオン』の2019年モデルを初公開した。

アルテオンはフォルクスワーゲンブランドの新たなフラッグシップモデル。「MQB」プラットフォームをベースに開発された。米国仕様は、最大出力268hpを発生する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンに、8速ATを組み合わせる。

2019年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)が充実。フロントアシスト付きの自動ブレーキを装備。ブラインドスポットモニターは、追い越し時に死角に入る車両との衝突の危険を警告する。駐車の際にドライバーを支援する安全装備として、リアトラフィックアラートとリアビューカメラも採用。

また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)も設定。ACCは、交通状況に応じて自動的に加減速を行うレーダーを使ったスマートなクルーズコントロール。走行レーンをキープするレーンアシストや、ハイビームとロービームの自動切り替えを行うライトアシストも用意される。

さらに、パークアシスト、パークディスタンスコントロール、オーバーヘッド・ビューカメラなどの支援システムが設定されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100年乗っても大丈夫!? 爆撃機B-52はなぜこれほど長寿命なのか
住友商事社長が語る、これからの「商社」のあり方
4月から三菱UFJ銀行へ社名変更 預金者が必要な手続きとは?
企業は「クラウドファンディング」をどう活用するべきか
1000万以上の貯蓄が200万に...仮想通貨相場に翻弄された経済担当記者の顛末
  • このエントリーをはてなブックマークに追加