最新ランキングをチェックしよう
「義足は僕の武器」片足を失っても踊り続けるリオ・パラリンピックのダンサー

「義足は僕の武器」片足を失っても踊り続けるリオ・パラリンピックのダンサー

  • Be inspired!
  • 更新日:2016/11/30

会場の照明が落とされると、ダンサーは「ゴロンゴロン」と床を転がりながらステージの中央に登場した。スポットライトの下に現れたのは、大前光市さん。今年の夏に行われたリオ・パラリンピックの閉会式で世界中の人々を魅了したバレエダンサーだ。彼には左脚がない。23歳の時に、飲酒運転の車に轢かれ、奪われてしまった。
(Photo by Mathias Adam)
光を浴びながら飛び回る一羽の華麗な黒鳥。これまで

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まじでやめよう耳掃除。米医学会が声を枯らして警告
若い人は知らない「昔はあたり前にタバコが吸えた場所」9連発!
ピコ太郎も実践中!島田秀平が語る「運を貯める4つの法則」
世の親たちが考え出した「子育て」がぐっと楽になるアイデアいろいろ
なぜ日本人には虫の「声」が聞こえ、外国人には聞こえないのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加