日本のラジオ体操、実は中国に大きな影響を与えていた―中国コラム

日本のラジオ体操、実は中国に大きな影響を与えていた―中国コラム

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/06/13
No image

日本のラジオ体操、実は中国に大きな影響を与えていた―中国コラム

日本のラジオ体操について、中国のポータルサイト・捜狐は10日、「中国にも大きな影響を与えた」とつづったコラムを掲載した。写真は中国の四川省で2010年に行われた「昼休み体操」の普及活動。

日本は明治初期から健康増進のために体操が取り入れられ、1928年にはNHKでラジオ体操が放送された。日本のラジオ体操について、中国のポータルサイト・捜狐は10日、「中国にも大きな影響を与えた」とつづったコラムを掲載した。以下はその概要。

中国のラジオ体操は1951年に初代がお披露目され、国民的な運動となった。多くの学校が取り入れたため、伴奏を聞いただけで体が動いてしまう人も少なくないはずだ。では、中国のラジオ体操はどのようにして誕生したのだろうか?一般的には、日本のラジオ体操を参考にしたといわれている。

日本のラジオ体操は、中国に渡った日本人によって持ち込まれたといわれており、中国のラジオ体操の創作に携わった劉以珍氏も日本人からラジオ体操を教わり、それをベースに中国の初代ラジオ体操を作り上げたという。

日本は明治から体操を重視しており、体操を通して国民の体質を改善しようとしてきた。集団を対象とした体操において豊富な経験を持っていたため、中国はそれを参考に自国のラジオ体操を誕生させたのだ。中国人の中にはこの事実を受け入れられない人もいるかもしれないが、他国の長所で自国の短所を補うことに問題はない。短所を認識しながらも補おうとしないことの方がよほど危険なのだ。(翻訳・編集/内山)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いつの時代の話だよ・・・日本のタクシー運転手による「中国にはないだろう自慢」に中国人困惑
日本のコストコの“あれ”に衝撃!「台湾の3倍もあった」とネットで話題に―台湾メディア
もはや病的!?日本の学校のおかしな規則に、中国ネットユーザー「やっぱり日本って...」
中国人観光客が棒や酒瓶で殴られる、ある一言が原因に―中国メディア
米朝会談を「世紀の凡戦」と酷評する人が見落としている、重要なこと

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加