迫力の映像だけでなく〝風を感じる〟VRシステム・アクセサリ「ZephVR」

迫力の映像だけでなく〝風を感じる〟VRシステム・アクセサリ「ZephVR」

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07
No image

現実ではない環境を、理工学的に、ユーザーの五感を刺激して作り出す技術である「バーチャルリアリティ」。

「VR」・「仮想現実」とも言われるこのテクノロジーは、コンピュータの技術が進化する事により、ここ最近特に注目されるようになりました。

2012年に登場した、ヘッドマウントディスプレイ(HMD、頭部搭載型ディスプレイ)タイプで視覚を刺激するVR装置「Oculus Rift」の登場は、世間一般のバーチャルリアリティへの関心をより一層高める事になりました。

ちなみに、以前筆者が記事で紹介した、立体映像ゲーム機「VIRTUAL BOY」も、VR装置のひとつです。

No image

あの頃これが欲しかった! 任天堂が作った世界初の完全立体映像ゲーム機『VIRTUAL BOY』

そんな近頃、話題沸騰中のVRシステムですが、ヘッドセットを装着する事で完全に仮想現実の世界に浸れるのがVRの真骨頂でありながら、ゲーム中に風を感じられないのが悩みの種でした。

デジタルガジェット全盛のこの時代、ゲーム中に風を感じられる、そんな都合の良いVRシステムは存在しないのでしょうか……?

実はあります。

空を飛んだり弾丸が飛び回ったり幽霊に襲われたりするのを体感できる? 風を感じるVRシステム・アクセサリ「ZephVR」が発表されています!

No image

https://www.zephvr.co/

No image

https://ksr-video.imgix.net/projects/3093944/video-831645-h264_high.mp4

「ZephVR」は、空を飛んだり弾丸が飛び回ったり幽霊に襲われたりするのを体感できる、風を感じられるVRシステム・アクセサリです。

ZephVRはスマートなファンを任意のVRヘッドセットに取り付け、適切なタイミングで送風するアクセサリです。だから、ゲーム中で飛んだり跳ねたり落っこちたり加速したりする時、またはゲーム中で風を感じられる様なシーンで、それを実際に感じる事が出来るでしょう。VR用のランブルバッグ(バックパックやリュックみたいなもの)の様な物です。

ZephVRは機械学習を使用して、VRゲームの風とモーションの音を自動的に認識します。

ZephVRは、特に動きの多いVRゲームに多くの没入感を与えます。ここではいくつかの例を示します。

例えば…。

No image

飛行するレースで木々の間を通り抜けたりする時…。

No image

ジェットコースターでアップダウンしたりスカイダイビングしたりする時…。

No image

ゲーム中に落っこちたりする時に…

No image

ホラーゲームで幽霊が現れたら、ビックリしてヘッドセットを壊さないようにして下さい。

ZephVRは静かで軽量なファンをVRヘッドセットに取り付けて、どんなVR体験にも風を加えることができます。ZephVRは、あらゆるオーディオトラックの風の音を認識する様に設計されています。そのため、ZephVRはあらゆるゲームでうまく動作します!

ゲームプレイオーディオの時間をラベリングし、機械学習を使って風の音のパターンを見つける事によってこれを行っています。以下はその様子を示したデモです。

No image

https://ksr-video.imgix.net/assets/019/026/322/2026659792c70076b22c71519b8c8a06_h264_high.mp4

ZephVRは、スイッチを切り替えると2つのモードで使用できます。

No image

自律モード: ZephVRのファンは、プレイしているゲームのイベントに合わせて自動的に起動します。
常時オンモード: ZephVRはどんなゲーム中でも涼しく快適に送風します。

ZephVRは、主要なコンソールやPCベースのVRシステムと互換性があるように設計されています。

No image

HTC Vive
Oculus Rift
PlayStation VR

空を飛んだり弾丸が飛び回ったり幽霊に襲われたりするのを体感出来る?風を感じるVRシステム・アクセサリ「ZephVR」。

これからのVRは「送風」の時代ですね!

※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの紹介風のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものでは御座いません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります。)
※海外通販の購入(輸入)やクラウドファンディングの出資については、筆者及び編集部はその商品やプロジェクトを保障するものでは御座いません。輸入や出資は自己責任となります。ご注意下さい。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものでは御座いません。購入、利用に於いては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は概ねフィクションです。

文/FURU

デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで90%以上オフも! スカーゲンの腕時計や日本製のタオルセットがお買い得に
ASUSが超狭額ベゼルの14型『ZenBook 14 UX430UA』など冬春モデルを発表
ゼロからはじめるPython 第19回 ゼロからはじめるPython 第19回 癖になるPythonの内包表記を使ってみよう
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
フィールドと自宅がボーダレスに!家でも使えるアウトドアギア5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加