《一問一答》育て方を猛省「ウソつきに...」

《一問一答》育て方を猛省「ウソつきに...」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/10/13
No image

12日、自宅前で謝罪会見を行った清水アキラ(63)は、わずか半年で2度も大きな騒動を起こした三男の清水良太郎容疑者(29)を「本当にバカ野郎としか言いようがない」と突き放しつつ、「私の育て方がダメだったんでしょうね」と悔やんだ。また、今年2月の違法賭博騒動が公になる前には、証拠となる写真を持っている者から「写真を買え」と連絡があったことを明かした。以下、主な一問一答。

10日、事務所スタッフの次男から警察で尿検査を受けたと聞き、自宅で良太郎容疑者と対面。事務所代表の次男もくわわった。

「大丈夫なのかと言ったら、何もないと。万が一があったら大変だから言えよと言ったけど、何もないと。それで終わった」

‐‐翌11日に警察に連行されたことを次男から聞く

「次男が良太郎がしでかしたと。警察が連れて行ったと言った」

‐‐最近、変化を感じていた?

「何も感じていないです。思い起こしても分かりませんでした。次男とも(覚醒剤なんて)そんなバカじゃないよねって話していた」

‐‐10日ほど前に、良太郎容疑者とゴルフに行き、口論に…

「俺に怒鳴った。(今まで怒鳴ることは)なかったです。ゴルフのマナーが悪いんで『ふざけんな、この野郎』と言った。俺も納得がいかないので、車の中で『俺にそういう口をきけるなら、他の人にもきけるんだな』と。じゃあもうやめようと。事務所をやめるってことを言っていた」

‐‐その時期だと、覚醒剤の影響もあった?

「まぁそう言われればそうかもしれないです」

‐‐家族の中で会話は?

「俺たちの仕事はいつも崖っぷちだから、何があるかわからないから気を付けて行動しないといけないよと言っていたが、(良太郎容疑者は)そんなことやるわけないでしょと。アイツの言葉を信じられない」

‐‐2月の違法賭博から半年でまた事件

「賭博の時も何度も聞いたり、怒鳴り合ったりした。その時もそういうことはないと。記事が出る前から知っていた。事務所に『清水アキラを出せと。こういう写真あるから買え』と。それをキッパリ断りまして、フライデーさんから電話があった状況でした」

‐‐また家族を悲しませてしまったことについて

「(号泣しながら)バカ野郎と言って突き放したいですけど、家族ですから家族でみんな一生懸命やっているんですけど、そういうヤツもいるってことで、でも家族なんですよね。私の育て方がダメだったんだと思います」

‐‐叱ることはあった?

「うちは人の家以上に、何かあれば引っぱたいていたので、それが逆にウソつきになっちゃったんでしょうね…(と言って号泣)。(これまでにもウソは)あったんだと思います」

‐‐なぜ覚醒剤に手を出した?

「反省していない。隙だらけだったんだと思います。闇カジノの時もきちんと本当のこと言えてれば、こんなことなかったと思います」

‐‐一番言いたいことは?

「正直に生きて欲しい。ウソをつかないというのが一番。約束、時間を守る。それができないと人間として失格じゃないでしょうかね」

‐‐今後のフォローは?

「とりあえず自分の事務所はクビにして、それからどうするか。自分で歩いてもらいたいですね。高校時代にバイトしていたラーメン屋さんもあるし、引っ越し屋さんもあるし、そういうところからやり直しじゃないですか」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バカリズムが「クズだからテレビ出られてる」と斬り捨てたタレントとは?
菊地亜美の近影にファン騒然 衣装かぶりより深刻な「問題点」が発覚
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
山崎賢人また失言、大阪なのに...「551のカレー」
嵐の二宮「Jr.時代はウーロン茶禁止だった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加