キムラユニティー、燃費不正問題影響などで通期業績見通しを下方修正

キムラユニティー、燃費不正問題影響などで通期業績見通しを下方修正

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/19
No image

キムラユニティーは、2017年3月期の通期業績見通しを下方修正した。

売上高は前回予想より18億円マイナスの482億円となる見通し。営業面では順調だったものの、自動車メーカーの燃費不正問題の影響から自動車販売の売上が当初見込みから落ち込んだことに加え、円高進行による為替換算の影響もあるため。

経常利益は前回予想より3億円減の21億円、当期利益が1億4000万円マイナスの12億1000万円に下方修正した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
業種・職種別「平均年収&生涯賃金」ランキング、各1位は?
2030年にメーカーの利益は半減...デロイトトーマツが自動車産業の行く先を予想した
  • このエントリーをはてなブックマークに追加