iCalカレンダーにスパムが大量発生、Appleは問題解決に向けて対応中とのこと

iCalカレンダーにスパムが大量発生、Appleは問題解決に向けて対応中とのこと

  • TechCrunch
  • 更新日:2016/12/01
No image
No image

先週頃から突然、iCalのカレンダー宛にブランド偽造品セールといった謎のイベント招待を受け取っていないだろうか。君だけではないよ

ブラック・フライデーの少し前、スパマーたちは新しいスパムを思いついたようだ。iCouldのメールアドレスに通常のEメールではなく、イベント招待のスパムを送りつける手法だ。iCouldはデフォルトでこれを処理し、カレンダーに追加しようとする。これはスパムフィルターをかいくぐり、ユーザーの画面に通知を表示してしまう。特に悪質なものではないが、やっかいなことには変わりない。

数日間の沈黙を経てAppleは問題を認識し、スパマーによりスパムが送られてしまったことについて謝罪した。現在対応している最中という。Appleからの声明は以下の通りだ。

ユーザーのカレンダーにイベント招待スパムが送られてしまっていることに謝罪いたします。現在、問題解決に向けて鋭意取り組んでいます。疑わしい送信者とイベント招待のスパムを特定、ブロックいたします。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電源を落としてもPCの時刻がキープされているのはなぜ?
充電なしでスマホを12年間も動かせるバッテリーが開発される
仕事中のストレス解消に活用したい「機能性おやつ」
【天才かよ】Amazonが「レジのないコンビニ」をオープン! 商品を持ち帰るだけで清算完了!!
Photoshopよりコスパいい?画像編集ソフト「Affinity Photo」のウィンドウズ版が正式リリース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加