リコー、パロアルトのファイアウォール向け設計/構築/保守パッケージを提供

リコー、パロアルトのファイアウォール向け設計/構築/保守パッケージを提供

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

リコーは12月1日、パロアルトネットワークスの次世代セキュリティ・プラットフォームに準拠する次世代ファイアウォール「PA-500」および「PA-3020」の設計・構築・保守サービス・パッケージ「RICOH セキュアプラットフォームソリューション『ゲートウェイセキュリティ対策』」を発売する。価格は146万5000円(税別)~、PA-3020/L3モード/冗長化あり/5年保守 24時間365日の場合で477万3000円(同)~。

同社はこれまで、ユーザーの要望に応じてパロアルトネットワークスの次世代ファイアウォールやクラウド・ベースで脅威分析やプリベンション(事前防御)を行う「WildFire」などで構成する次世代セキュリティ・プラットフォームを販売している。

同ソリューションはユーザーの環境や要望に合わせて、次世代ファイアウォール(2機種から選択)・透過モード/L3モード・冗長構成の有無・保守対応時間の16パターンのメニューから選択できる。稼動後のチューニングもパッケージに含んでおり、24時間365日の保守対応も可能だという。

また、24時間監視による不正アクセスの検知やログ分析なども提供でき、ユーザーのネットワーク環境を調査・分析しレポートするメニューも、別途用意している。すでにファイアウォールを導入済みであっても、さらに高機能なファイアウォールを導入したいユーザーやセキュリティに不安を抱えるユーザーに、最適なパッケージ・ソリューションとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Googleが初めて独自開発したハイエンドスマホ「Pixel」実機レビュー
Bluetooth 5提供開始、通信距離4倍、速度2倍に
レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
一括648円!ドコモの格安スマホ「MONO」、いよいよ9日に発売

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加