ベンテイガ にロックオン!メルセデス GLS 次期型、Sクラス のテクノロジー移植へ

ベンテイガ にロックオン!メルセデス GLS 次期型、Sクラス のテクノロジー移植へ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

メルセデス GLS スクープ写真

もっと画像を見る
メルセデスベンツが「ファーストクラスSUV」と呼ぶ旗艦クロスオーバーSUV、『GLS』次期型プロトタイプを、ドイツ・ヴェルテンベルク州の市街地でキャッチした。

次期型では、最新世代の「MHA」プラットフォームを採用し、ボディを大型化しつつ大幅な軽量化が図られるという。3列7人乗りの豪華SUVは、BMW『X7』は勿論、さらに上のクラスであるベントレー『ベンテイガ』に照準を定めているという。

パワートレインは、9速デュアルクラッチトランスミッションと組み合わされる新開発の直列6気筒をメインに、直列4気筒、V型8気筒エンジンや、3リットルのガソリンエンジンと48Vの電気モーターシステムを組み合わせた最高出力400psのマイルドハイブリッドが噂されている。またハイエンドモデルには最高出力600ps以上を発揮する、4リットルV型8気筒エンジンの「AMG GLS63」がラインナップされるだろう。

自動運転技術では、「Eクラス」及び「Sクラス」のテクノロジーを移植する。車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」、車両周り、ガードレールなどを検知しステアリングへ伝える「アクティブステアリングアシスト」などが採用されると予想される。

ワールドプレミアは2019年が有力だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ、「日経平均15連騰」でも保有銘柄が上昇しないのか?
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
マツダと資生堂、香水を共同開発 車らしさやスピード感を香りで表現
トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI」が発売 街に調和するニッポンの藍色ボディカラーが美しい
データ改ざんで揺れる神戸製鋼「解体論」の現実味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加