どのスマホにも対応! 3つの端子を備えた充電ケーブル「3CHARGE」が便利そう

どのスマホにも対応! 3つの端子を備えた充電ケーブル「3CHARGE」が便利そう

  • Techable
  • 更新日:2017/12/07
No image

仕事でiPhone、プライベートでAndroidというふうに端子が異なる複数の端末を持っている人は多いだろう。タイプの異なる端末を使うということは、つまりケーブルもそれに応じたものを持ち歩くことになる。

そこで、今回紹介するのはライトニング、USB Type-C、マイクロUSBと3つの端子を備えた充電ケーブル「3CHARGE」。これ1つであらゆるデバイスの充電ができる。

・3つのケーブルを集約!

No image

ご存知の通り、iOSデバイスの充電・データ転送用の端子はライトニングで、Android端末はマイクロUSBが多い。そして最新のAndroidスマホではUSB Type-Cが採用され始めている。

一体、いくつのケーブルを携帯すればいいの!と言いたくなるわけだが、3CHARGE ならどの端末にも対応するので、持ち歩くのはこれだけで済む。ケーブルが絡んでバッグの中がカオス…なんてこともなくなる。

・データシンクも

No image

3CHARGEは3つ又に分かれていて、つなぐ端末・ガジェットの端子に応じて選ぶだけと、使い方はいたってシンプル。充電だけでなく、データシンクができるのも便利だ。

また、3CHARGEの端と端をマグネットで留めてループ状にできるので、キーホルダーなどにつけておくといざというときにさっと使える。

お手ごろ価格なのも3CHARGEの魅力。今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで12ユーロ(約1600円)〜となっている。出資は来年1月12日まで受け付ける。

3CHARGE/Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2017年冬の決定版!"完全ワイヤレスイヤホン"の狙い目モデル5選
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
針を使わずに薬を皮下投与するデバイス「PRIME」、武田薬品の薬で製品化へ
姉から送られてきた、3Dプリンターで作った精巧な「トヨタのエンジン」の動画が話題に!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加