髪が伸びるスピードの差とは?髪を早く伸ばす方法について

髪が伸びるスピードの差とは?髪を早く伸ばす方法について

  • 頭美人
  • 更新日:2019/08/14
No image

髪が伸びるスピードの差とは?髪を早く伸ばす方法について

髪が伸びるスピードに違いがあるのはなぜ?

髪が伸びるためには、髪の元となる毛母細胞の働きがカギを握っています。

毛母細胞は、頭皮の毛細血管から髪に必要な栄養を吸収して、細胞分裂を繰り返しながら髪を成長させていきます。

つまり頭皮の血行が常に良い状態になっていると、栄養がどんどん送り込まれるため、髪の成長が促進されるのです。

ですから、気温や体調によっても髪が伸びるスピードは変わります。

また、新陳代謝が活発な人ほど、髪も早く成長するとも言われています。

新陳代謝が活発になると細胞がスムーズに生まれ変わるため、髪が成長しやすい環境が整うのです。

しかし、何かしらの理由で身体的や精神的に不安定な状態になっていると、髪の毛にも影響してきます。

身体的や精神的に不安定

ストレスをためこんでいたり良質な睡眠がとれていないと、血流の流れが悪くなり、成長ホルモンが分泌されにくい状態になります。

その結果、髪の毛に栄養素が十分に行き届かず、髪の毛の伸びるスピードが遅くなってしまうということにつながります。

女性ホルモン

また、髪の毛の伸びるスピードには女性ホルモンの影響が関係しており、男性に比べると女性の方が髪の毛は伸びやすいといわれています。

傷んだ髪の毛先を切ると早く伸びる?

傷んだ髪の毛は成長するスピードが遅くなります。

髪の毛先を切ることで傷んだ部分を除去し、髪の毛に栄養を届けやすくすることで、髪の毛の成長を早めるという方法もあります。

傷んだ髪を伸ばし続けることで、健康な髪にもダメージを与えやすいため、ダメージが大きくなる前に傷んだ毛先をカットしてしまい、新たに健康な髪の毛を伸ばしてあげることが、髪の毛の成長を早めるには良いと思います。

しかし、どうしても髪の毛を切りたくない場合は、洗い流さないトリートメントで髪の毛先を保護してあげましょう。

また、ブラッシングする習慣をつけることで、頭皮から分泌された皮脂を髪の毛先に届けることができるので、毛先のダメージの進行を防ぐことができます。

髪を早く伸ばすには?

まずは頭皮の血行を促進して、髪にしっかりと栄養を届けることが大切です。

頭皮をマッサージするのももちろん効果的ですが、適度な運動などで全身の血行を促進すると頭皮の血行が良くなり、新陳代謝も活発になります。

そして、毛母細胞は夜寝ている間に活発に働きますので、睡眠は髪の成長に大きく影響します。

特に、午後10時から午前2時の間に睡眠をとっていると、成長因子が多く分泌され髪の成長を促してくれます。

また、食事から髪に必要な栄養素をしっかり摂ることも重要です。

髪の主成分であるたんぱく質に加え、ミネラルやビタミンなどをバランスよく摂りましょう。

反対に睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどは、頭皮の血行が悪くなったり新陳代謝を低下させる原因になります。

髪が伸びるスピードが遅くなるばかりか、弱々しい髪しか育たなくなり、薄毛や抜け毛が進行する可能性もあるのです。

髪を少しでも早く伸ばしたいのであれば、適度な運動やバランスのとれた食事、十分な睡眠など、髪にとって良いことを積み重ねていきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング
肌触り、クール感、香り、満足度No.1の洗顔シートはどれ?
大人女子の可愛い前髪まとめ!垢抜ける素敵なヘアスタイルをご紹介♡
乃木坂46・与田祐希さんがTRY! 『クレープ』型チークで立体感を掘り起こし
【ダイソー・キャンドゥ】これだけはホント優秀!「プロ愛用美容アイテム」厳選リスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加