夏休みの思い出を!豪雨被害の子どもたちに工作教室

夏休みの思い出を!豪雨被害の子どもたちに工作教室

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/11
No image

動画を見る(元記事へ)

九州豪雨で被災した大分県日田市では、子どもたちに夏休みの思い出を作ってもらおうとボランティアによる工作教室が開かれています。

このイベントは日田市の建築士が企画したもので、被害が大きかった日田市大鶴地区の児童を含め、小学1年生から6年生17人が招待されました。15センチ四方の段ボールを組み立てて家を作ります。大鶴地区では遊び場となっていた運動場がボランティアの受け入れ拠点となり、住民から「子どもが退屈している」と声が上がっていました。
参加した児童:「楽しいです」
保護者:「床上浸水で夜明地区に避難している。子どもたちも気晴らしになって良い」
組み立てた家には特産・日田杉の皮をデコレーションしました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台風13号(ハト)が発生
ウェザーニュース
砂浜に埋められた“炭”で小2男子が両足をやけど 「二度と同じ事故が起きて欲しくない」と家族・旅館が注意喚起
21日2時0分頃 - 最大震度 2 - 震源地 沖縄本島北西沖
大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」
日本の学校は地獄か...いじめ自殺で市教委がとった残酷すぎる言動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加