セイスコーピオンが叩き合いを制し重賞連勝/勝島王冠・大井

  • netkeiba.com
  • 更新日:2016/11/30

30日、大井競馬場で行われた第8回勝島王冠(3歳上・ダ1800m・1着賞金1300万円)は、2番手でレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気セイスコーピオン(牡6、川崎・八木正喜厩舎)が、直線で先頭に立って、外から並んできた2番人気ケイアイレオーネ(牡6、大井・佐宗応和厩舎)との叩き合いを制し、これに2番人気ケイアイレオーネ(牡6、大井・佐宗応和厩舎)

さらに2馬身差の3着に11番人気ムサシキングオー(牡7、大井・栗田泰昌厩舎)が入った。なお、3番人気センティグレード(牡5、船橋・稲益貴弘厩舎)は12着に終わった。

勝ったセイスコーピオンは、父デュランダル、母スコーピオンリジイ、その父アジュディケーティングという血統。前走のマイルグランプリに続く重賞連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆セイスコーピオン(牡6)
騎手:森泰斗
厩舎:川崎・八木正喜
父:デュランダル
母:スコーピオンリジイ
母父:アジュディケーティング
馬主:金田成基
生産者:アイオイファーム
通算成績:44戦7勝(JRA41戦4勝・重賞2勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
えっ...実況中継!? エッチ好きがオススメする「ベッドでの裏ワザ」3つ
任天堂、「終わりの始まり」か...ユーザー無視で独善的利益独占体質が露呈
成宮さん引退にビートたけし「フライデーだから」
もう許してッ...!カレシにされちゃった「エッチなおしおき」3つ
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加