日大・八田が延長制す2ラン、12年ぶり優勝に王手

日大・八田が延長制す2ラン、12年ぶり優勝に王手

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

14回表日大2死二塁、八田は左中間本塁打を放つ(撮影・鈴木正人)

<東都大学野球:日大3-1亜大>◇第7週第1日◇19日◇神宮

日大が亜大を3-1で破り、12年ぶりの優勝にあと1勝と迫った。

1-1で迎えた延長14回、2死二塁から八田夏捕手(2年=履正社)が2ランを放ち、勝負を決めた。

これで日大は勝ち点4、8勝1敗1分け。優勝争いは東洋大との2校に絞られた。東洋大が今日20日の国学院大3回戦で敗れれば日大の優勝が決まる。仲村恒一監督(56)は「それ(東洋大の結果)を意識しても仕方ない。来週、勝ち点を取って決めたい」と完全優勝を狙う。亜大は3連覇の望みが断たれた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
日本ハム・中田、大谷に本塁打数抜かれたら4番降格直訴していた
ロッテ幻の挑発ポスター公開「二刀流vs伊東流」
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加