カンボジア旅行の予算はいくら?ツアーや滞在費など徹底調査

  • LINEトラベルjp
  • 更新日:2019/09/19

カンボジアと言えばシェムリアップにある世界遺産アンコールワット。一度は行ってみたいと憧れる人も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのがカンボジア旅行にかかる予算です。飛行機は?どんなところに泊まるの?現地ではいくらくらい必要なんだろう?といった疑問にお答えしていきます!

カンボジアへ個人旅行する場合に必要な費用

個人でカンボジアを旅行する場合、まずは航空券代と宿泊費が気になるところです。この2点の相場を調査してみました。

<航空券代>
日本からアンコールワットのあるシェムリアップへの直行便はありません。そのためタイやベトナムなど、どこか1か所以上を経由していく必要があります。

ベトナム航空、タイ航空、カンボジア・アンコール航空や、LCCであればエアアジアやベトジェットエアなどを利用することになります。

価格は大型連休などを除けばおおよそ4万円~5万円台です。LCCであれば2万円~3万円台と言った航空券もありますが、乗り継ぎ時間が長いものなどがあるので、注意が必要です。

<宿泊代>
続いて宿泊費をホテルのランク別にご紹介します。

・スタンダードクラス:1,500円~
・スーペリアクラス:3,000円~
・デラックスクラス:6,000円~

平日1泊、2名1室の料金です。そのため2名利用の場合、1名あたりの金額はこの半分になります。カンボジアの宿泊費はとても安く、6,000円程度から5つ星のホテルに泊まることができます。

写真:都築 空

カンボジア旅行にツアーで行く場合の相場は?

写真:都築 空

初めてのカンボジア旅行で不安という人は空港からホテルの送迎が付いているなど、現地でのサポートのあるパッケージツアーが良いでしょう。また、それぞれ手配する手間も省けるので忙しい人にもおすすめです。

・4日間のフリープラン
現地日本語ガイド同行の空港往復送迎付きで4万円台~

・4日間の遺跡観光付き
現地日本語ガイド同行、3食付きで9万円台~

日程により設定料金が異なりますが、送迎や食事も付いていることを考えると個人旅行で航空券とホテルをそれぞれ手配するよりもお得になる場合もあります。

カンボジアの物価はどのくらい?

写真:都築 空

宿泊費は安いとお伝えしたカンボジアですが、全体的な物価はどうなのかご紹介していきます。

カンボジアの通貨はリエルですが、一般的にUSドルが使用されています。1ドル=108円(2019年9月現在)で計算した場合、以下の通りです。

・パブストリートのレストランでの1食:3~6ドル(324~648円)
・道路に並んでいる屋台での1食:1ドル(108円)
・水500ml:0.5ドル(54円)
・ビール1杯:1ドル(108円)
・カクテル1杯:3ドル(324円)
・フルーツシェイク1杯:1ドル(108円)
・トゥクトゥク1日チャーター:20~30ドル(2,160円~3,240円)

日本と比較すると全体的に安いことが言えます。

ホテル内や高級レストランの場合は金額が高くなったり、日本食を食べた場合は日本と変わらないくらいの金額になったりします。

写真:都築 空

その他、アンコールワット観光で気になるのは入場料です。

アンコールワットの入場券は3種類あり、カンボジアの物価を考えると安くはない金額がかかります。

・1日券:37ドル(3,996円)
・3日券:62ドル(6,696円)
・7日券:72ドル(7,776円)

郊外の遺跡の場合、別途入場料がかかりますが、5~20ドル程度とそれほど高くはありません。

4日間のカンボジア旅行のモデルプランと予算

写真:都築 空

それではカンボジアを4日間旅行した場合の予算を、モデルプランに沿ってご紹介します。

<1日目>
午前中に日本を出発し夕方~夜に現地に到着。
夕食を食べて就寝

<2日目>
アンコールワットの朝日観賞
アンコール遺跡群巡り・小回りコース
遺跡からの夕日観賞
ナイトマーケット散策
パブストリートで夕食

<3日目>
アンコール遺跡群巡り・大回りコース
夕方~夜の便でシェムリアップ空港を出発

<4日目>
午前中~お昼過ぎに日本着

4日間の日程の場合、最低限の観光になるので、日数に余裕がある場合は5日間以上の日程にすることをおすすめします。

時間に余裕がある場合、マッサージをしたり、オールドマーケットを回るのが良いでしょう。

日数に余裕がある場合は、トンレサップ湖を訪れたり、『天空の城ラピュタ』を彷彿させるベンメリア遺跡を訪れたり、さらに観光を楽しむことができます。

写真:都築 空

それでは次に1日ごとの予算を見ていきましょう。

<1日目>
ホテルでの夕食:約1000円

<2日目>
アンコールワット入場料(3日券):約6,500円
トゥクトゥク1日チャーター:約3000円
遺跡内でお昼ごはん:約500円
パブストリートのレストランで夕食:約500円
ビール:約100円

<3日目>
トゥクトゥク1日チャーター:約3000円
遺跡内でお昼ごはん:約500円

空いた時間でマッサージを受けるのであれば、フットマッサージ30分約500円、全身オイルマッサージ約2,000円で受けられます。

現地で必要な旅行予算としては約15,000円ほど。お土産など購入することを考え余裕をもって2~3万円程と考えておけば良いでしょう。

4日間のカンボジア旅行全体の予算は?

写真:都築 空

先に紹介したプランを参考に4日間のカンボジア旅行の合計金額をまとめてみましょう。

・航空券代:5万円
・スーペリアクラスのホテル2泊:6,000円
・ビザ代:3,000円
・現地での費用:2万円

合計で79,000円です。余裕をもって8~9万円程と考えておけばよいでしょう。個人差はありますが、お土産を買ったり、マッサージを受けたりしても十分な金額です。

フリープランのツアーが4万円台~、観光付きのプランが9万円台~ということを考えると、空港送迎付きで安心なパッケージツアーにするのもおすすめです。

もちろん出発日やホテルのグレードなどにより料金が異なります。あくまでも目安として予算を立てる際の参考にしてみてください。

カンボジア旅行の安い時期、高い時期

写真:都築 空

カンボジア旅行の高い時期はゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休中です。旅行費用の大部分を占める航空券代をどのくらい抑えられるかがカギになるので、多くの日本人が海外に行く様な時期をできるだけ避けましょう。

現地の気候も良く、比較的金額が安いのが1月ごろです。乾季のため、雨も少なく比較的過ごしやすいです。

余裕のある予算で楽しいカンボジア旅行を!

カンボジア旅行の予算を紹介してきました。かわいい雑貨が多くお土産を買いすぎてしまったり、マッサージスタッフや現地ガイドにお礼としてチップを渡したりすることも考え、予算は少し余裕をもって用意しておくと良いでしょう。

個人旅行では航空券やホテル、現地に着いてからどうしようと考えることが多く大変です。日程や時期などによってはお得に行けるパッケージツアーを賢く利用するのがおすすめです。

LINEトラベルjpでは、海外航空券、ホテル、パッケージツアーなど検索・比較できます。上手く活用して、お得なカンボジア旅行をしませんか。

※2019年9月現在の情報です。航空券、ホテル料金、ツアー料金、ツアー特典などは時期によって異なります。また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。

関連MEMO

一生に一度は訪れたい「アンコール遺跡群」1日観光モデルコース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
月極を「げっきょく」と読む妻に驚愕・・・。男が結婚を後悔した、妻との“教育格差”とは
高梨沙羅の“変化”にネット騒然...「前の方が良かった」「擁護できないよ」
能力の低い人ほど根拠のない自信に満ちあふれている。「ダニング=クルーガー効果」とは?
「行ってはいけないキャバクラ」の8つの特徴、底辺キャバ嬢が伝授
兄から結婚相手を紹介された女性 まさかの人物に「認めたくない」と怒り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加