8時間ぶんの離着陸を1枚に収めた「Airportraits」写真シリーズ公開。約2年間で世界の空港を撮影

8時間ぶんの離着陸を1枚に収めた「Airportraits」写真シリーズ公開。約2年間で世界の空港を撮影

  • Engadget
  • 更新日:2016/10/21
No image

建築写真家のマイク・ケリー氏が、空港での飛行機の離着陸を1枚に収めた写真「Airportraits」を公開しています。初めてAirportraits写真を撮影したのは2014年のロサンゼルス国際空港で、ケリー氏はそれ以降世界各地の空港でこのような写真を撮影しています。

Airportraitsは一言でいえばたくさんの飛行機を収めた合成写真。しかし撮影には根気が必要で、1枚を制作するにの朝から日暮れまで、あらゆる飛行機の離着陸を撮影し続けなければなりません。そして、撮り続けた素材は画像処理ソフトで飛行機どうしが重ならないように重ね合わせ、1枚に合成します。

2014年に初めて撮影したロサンゼルス国際空港の写真はかなりのインパクトがあったものの、空港の風景よりも多彩な飛行機の群れに目を奪われるものでした。そこで、ケリー氏は今回のシリーズでは各国の空港を特徴のある場所から撮影することにしました。

No image

たとえば、東京国際空港では小さな船の上から富士山をバックに、シドニーではビーチから、アムステルダムでは曲がりくねった川越しにと言った具合。さらに撮影シーンに人物や動物、自動車といった要素を織り交ぜ、写真にストーリー性をもたせたりもしています。

もっとも印象的なのはスイス・チューリッヒ空港(冒頭の写真)かもしれません。この空港では騒音を少しでも低減するため風の強さや向きに応じて違う方向の滑走路を使い分けるため、多数の飛行機がクロスして離陸したような写真ができあがりました。ケリー氏は「牧歌的な田園風景とも相まってとても面白い写真ができあがったよ」と語っています。

ケリー氏のサイトにはこの他にもAirportsシリーズとして多数の写真が掲載されています。もし面白いと思ったなら、一度サイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

No image

こんな写真も(ロサンゼルス空港)

[Images : Mike Kelley]

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮引退にミッツ「誰か彼のそばにいてあげて」と注意喚起
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
【大炎上】成宮寛貴さんの引退で『FRIDAY』のTwitterアカウントに批判殺到「責任とれよ」「みんなで力合わせてこの会社潰そうよ」
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加