「ゾンビランド」続編製作へ、エマ・ストーン続投

「ゾンビランド」続編製作へ、エマ・ストーン続投

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2018/05/18

映画「ゾンビランド」の続編が製作されるようだ。2009年に公開された前作で脚本と製作総指揮を担当したレット・リースとポール・ワーニックによると、来年早々に撮影を開始し、同年10月には公開を予定しているという。

No image

その他の大きな画像はこちら

2人はヴァルチャー誌に、「『ゾンビランド』が10周年を迎えます。公開されたのは2009年の10月でした」「10年目にあなたは誰かに何かをしてあげますか?『ゾンビランド2』はいかかでしょう。オリジナルキャストを再集結させて、2019年始めに撮影を開始し、10月公開を目指しています」とコメントした。前作の公開後、出演者のエマ・ストーンとジェシー・アイゼンバーグは順調にキャリアを重ねており、エマは「ラ・ラ・ランド」でアカデミー主演女優賞を受賞するまでに至っている。

そんな出世作となった「ゾンビランド」について、エマは以前、脚本に惚れてオーディション参加を決めたようで、その会場でのジェシーとの思い出についても明かしていた。「脚本を読んで、自分の事務所に、これは最高だって話したの。そして、たくさんの素晴らしい女優たちに混じってオーディションを受けたわ。彼女たちが受かれば私より上手い演技ができたかもしれないけどね」「ジェシーとオーディションを受けていて、一緒に即興の演技をした。彼がこの映画で素晴らしい演技をするのは分かっていたわ」しかし、アクション映画に出演したことがなかったエマにとって、同作は大きなチャレンジでもあったそうで、「アクションはやったことがなかったの。走るのもとても苦手で、大変だった。自分で怪我してばかりだったの」「でも、それ以上に楽しかった。銃の撃ち方を学んだり、ワルを演じてみたりね」と続けていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇場版『名探偵コナン』80億目前の大ヒットの裏で......人知れず大コケしていた邦画2作品とは?
5月26日の注目映画第1位は『傀儡』
松坂桃李『娼年』応援上映、即日完売の大反響「ホラ貝吹きたい」
5月25日の注目映画第1位は『傀儡』
『西郷どん』、二階堂ふみの圧倒的な演技力にクギヅケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加