ソフトバンク後藤社長がV奪還の工藤監督を高評価「揺るぎない信頼がある」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/09/17

孫正義オーナーは観戦できず、祝勝会も参加せず

ソフトバンクの後藤芳光球団社長が、2年ぶりの覇権奪還を果たした工藤公康監督の手腕を高く評価した。

優勝が決まった西武戦の行われたメットライフドームで試合を見守った後藤社長。工藤監督の胴上げの瞬間を見届けると「工藤監督に対しては、揺るぎない信頼がある。しっかりと監督が思っていることは理解している。来年ももちろん、今年以上のものを出してくれると思っています」と、全幅の信頼を口にした。

球団は、工藤監督と昨年オフに契約を延長し、2019年までの長期契約を結んでいる。この日、孫正義オーナーは来場できず、祝勝会にも参加しなかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮プロ入り表明で新たなドラマも!?「歴代指名競合数」を振り返る
各球団発表、9月21日の引退は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加