ユベントスFWディバラの新10番ユニ求め長蛇の列

ユベントスFWディバラの新10番ユニ求め長蛇の列

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

ユベントスFWディバラ(2016年10月22日撮影)

今季からユベントスの背番号「10」をつけることになったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(23)のユニホームを求めて、ユベントス公式ストアの前にサポーターが長蛇の列を作った。

ユベントスの10番といえば、プラティニを始め、バッジオやデルピエロら名プレーヤーが背負ってきた。直近では、昨年夏にマンチェスターUへ移籍したMFポグバが着用した。ユベントス公式ストアでは、昨季までディバラがつけていた背番号「21」のユニホームの生産を中止。急きょ、10番のユニホームを作ることになった。2季ぶりに10番が復活することになり、新背番号が発表された10日から同ストアにサポーターが殺到。10番のユニホームを買い求める長蛇の列ができたという。

10番を背負う事になったディバラは自身のツィッターに「クラブ側から背番号を変えると聞かされた時には、これまで僕にとって大切な番号だった21を変えるのはどうかと考えた。この番号でたくさんのトロフィーを掲げてきたし、ジダンやピルロのようなトッププレーヤーがつけていた番号だから」と、21番への愛着を明かした。だが「10番は特別なもので、それを着ることは光栄なことだ。大きな責任を負うことになり、ユベントスのような歴史あるクラブに属していることを感じさせるものだ」とチームの顔としての責任を負う覚悟を記した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コスタの獲得 絶対条件は謝罪
中村俊輔が振り返る自身の転機――ドイツW杯で突き付けられた力不足、そしてセルティックとの幸福な関係
Cロナウドが怒り爆発。退場時スタンドめがけ「そうやってお前らは...」
大阪桐蔭との試合で1塁手の足を蹴っていた!? 仙台育英の選手の走塁がネットで議論・炎上中
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加