高木美帆W杯2勝目「おごりにならないように」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

<スピードスケート:W杯>◇第1戦◇第2日◇11日◇オランダ・ヘーレンフェイン

女子1500メートルで高木美帆(23=日体大助手)が、1分54秒68で優勝し、昨年12月のアスタナ大会以来となるW杯2勝目を挙げた。

前半から伸びのある滑りでラップを刻むと、同走した14年ソチ五輪銀メダリストのイレイン・ブスト(オランダ)を大きく突き放したままゴールに飛び込んだ。

層の厚い1500メートルで世界と戦える力を証明すると「落ち着いて滑れたし、全体的なレースの運びは良かった。変な過信、おごりにならないようにやっていきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
乃木坂46白石麻衣、メンバーから“下着”に疑惑 実姉の暴露も
「最初にコーヒーが飲めるのは誰?」ツイッターで流行っていたコーヒーのクイズ
「俺、出たくない」ワンオクが紅白出場を徹底拒否する理由
右足を失いながらもセンターに...“片足のアイドル”が駆け抜けた18年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加