インフラ点検や測量などに対応したドローン発表 - エアロネクスト

インフラ点検や測量などに対応したドローン発表 - エアロネクスト

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/04/17
No image

エアロネクストは、 4月18日〜20日に幕張メッセで開催される「第4回 国際ドローン展」において、 独自技術「4D Gravity」を搭載した次世代産業向けの新型ドローンを公開することを発表した。

「4D Gravity」は、飛行中のドローンの重心を最適化する技術で、Best of Japan Drone award 2018の「ドローン関連テクノロジー」部門において最優秀賞を受賞した。同技術を搭載するドローンは、燃費、速度、信頼性などといった基本性能の向上が期待できるとしている。さらに、用途に合わせて重心を制御することにより、今まで不可能であった挙動が可能となり、新たな産業分野への活用が可能になる。

このたび開催される国際ドローン展では、「4D Gravity」の産業用途への応用事例として、3月に発表した360°VR撮影用の「Next VR」と宅配専用の「Next DELIVERY」の2機種に続き、 新たにインフラ点検や検査測量、警備、農業などに対応した「Next INDUSTRY」が発表される。

現在、ドローン市場においては、映像空撮のほかに、トンネルや橋梁、太陽光パネルなどの各種インフラ施設の検査や点検、農薬散布等への利用が始まりつつあるが、ハードウェアの技術的な課題も多く、活用範囲は限定的となっている。

新型機「Next INDUSTRY」は、プロペラとカメラやセンサーなどの搭載物の物理的な距離を離すための機構を取り入れ、従来のドローンでは難しかった対象物への接近や狭い空間への侵入が可能になっている。

なお、展示機の主要スペックは、モータースパン 1,000mm、全高 3,000mm、質量 5,200g。飛行時間は15分。搭載カメラは360fly(VRカメラ)、最高速度 10km/h、フレーム材はマグネシウム。価格は500万円〜(用途・カスタマイズにより変動)。価格は500万円〜(用途・カスタマイズにより変動)で、2018年内の販売開始が予定されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国際学会の論文統計から見えてくる半導体の将来動向
ゲオが格安4Kテレビ第2弾、4万円台で3モデル
ソフトバンク、ついに「ホワイトプラン」の終了を発表 今後は「スマ放題」が必須に
ドン・キホーテが大型液晶テレビ(50V/55V/60V型)の発売を発表。4K/HDR対応で50V型54,800円~
これは便利!スマホに届いたメッセージを音声で読み上げてくれるワイヤレスイヤホン『Zeeny』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加