最新ランキングをチェックしよう
ソマリアに「ラピュタ」がある!?  海賊、イスラム過激派、民主主義国家......辺境を旅するノンフィクション作家の衝撃ルポ

ソマリアに「ラピュタ」がある!? 海賊、イスラム過激派、民主主義国家......辺境を旅するノンフィクション作家の衝撃ルポ

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2017/09/16

『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(高野秀行/集英社)
 ソマリアと聞くと、まずは「無政府状態の国」「世界で最も治安が悪い国」というイメージが浮かぶのではないだろうか。外務省の危険情報もつねに最高レベル、地図は全域真っ赤である。しかしそんなソマリアに、民主主義の独立国家なる地があるという。その名も「ソマリランド」だ。
『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
習慣を変えれば会議が変わる。会議が変われば会社が変わる?
ダイソーに最強のホッチキス現る 中綴じが簡単すぎて快感すら覚える...
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加