アレッポ「巨大な墓場と化す恐れ」 国連当局者が警告 5万人超避難

アレッポ「巨大な墓場と化す恐れ」 国連当局者が警告 5万人超避難

  • AFPBB News
  • 更新日:2016/12/01
No image

シリア・アレッポ東部から逃れ、政府側が反体制派から奪還したマサケンハナノ地区に集まった人たち(2016年11月30日撮影)。

【AFP】国連のスティーブン・オブライアン緊急援助調整官(人道問題担当国連事務次長)は11月30日、シリア政府軍が攻勢を強めるアレッポについて「巨大な墓場」と化す恐れがあると警告した。反体制派との戦闘が激化するなか、アレッポ東部の反体制派支配地域からは5万人余りの人が退避したと報告されている。

ここ数日、シリア政府軍はアレッポ市全域の奪還に向けて猛攻を加えており、報道によると、反体制派が支配する地域への爆撃で少なくとも市民が26人が死亡した。

オブライアン氏は米ニューヨークで開催された国連安全保障理事会の緊急会合に英ロンドンからビデオシステムで参加し、戦闘の停止のため行動するよう訴えた。

「人道のために、(戦闘の)当事者と影響力を持つ関係者に呼び掛ける。アレッポが一つの巨大な墓場と化してしまう前に、市民を守りアレッポ東部の包囲下にある地域にアクセスできるよう全力を尽くしてほしい」

緊急会合が開かれる中、シリアの反体制派は国連に市民を保護する措置をただちに講じるよう求めている。

一方、在英のNGO「シリア人権監視団」は同日、アレッポ東部から5万人が逃れ、少なくとも2万人が政府側の支配地域、3万人がクルド人勢力の支配地域に退避したと報告。さらに多くの人が、反体制派がなお支配する南側の地域へ移動したという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中絶手術後に妻死亡 夫が記者会見
一度消えてまた現れたメキシコ、コリマ火山に現れた巨大なプラズマ。UFOを隠蔽していたのか?
無資格中絶、医師を告発=23歳女性死亡で遺族-警視庁
なぜ...無資格で中絶手術、6日後に新妻死亡
リビアのISに打撃 最後の主要拠点、政府側が完全制圧

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加