東洋大 今度は“振り逃げ”から先制点 リーグ戦の教訓生かし

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇明治神宮大会大学の部準々決勝 東洋大―富士大(2017年11月12日 神宮)

東洋大がミスした教訓を生かして先制点を挙げた。明治神宮野球大会準々決勝で富士大と対戦した東洋大は初回1死、2番の竹原が3ストライク目を見逃したが捕手の小林が後逸。すかさず竹原は一塁に走り、振り逃げ(記録は三振と捕逸)で生き、2死から原沢のタイムリーで1点を挙げた。

リーグ戦中、立正大との3回戦で無死二塁から田中将がストライクを見逃し捕手が後逸。このとき、振ってないからと打者走者の田中将は一塁に走らずタッチアウト。その後安打が続いたが逆転には至らず勝ち点を落とした。ルールでは第3ストライクを正規捕球しない場合は一塁に生きる権利が発生する。それは打者がバットを振っても見逃しても条件は一緒。リーグ戦では“振り逃げ”の言葉に惑わされてミスしたが、今回は教訓を生かし先制点につなげた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
残留は退団希望の裏返し?FA宣言見送りの中田に「トレードなら、獲得しやすい」の声
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
ロッテ田中引退、就活し入団時蹴った三井物産再内定
元阪神の一二三慎太選手 女性への暴行容疑で逮捕 今月中旬、沖縄で共犯男性2人も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加