衝撃の前半...マンCがワトフォードに8発圧勝!開始18分で5得点はプレミア史上最速

衝撃の前半...マンCがワトフォードに8発圧勝!開始18分で5得点はプレミア史上最速

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/09/22
No image

[9.21 プレミア第6節 マンチェスター・C 8-0 ワトフォード]

プレミアリーグは21日、第6節を行った。2位マンチェスター・シティはホームで最下位ワトフォードと対戦し、8-0で完勝した。

18日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第1節でシャフタールを3-0で下し、白星発進となったシティ。24日にはカラバオカップ(リーグ杯)プレストン(2部)戦を控えており、MFイルカイ・ギュンドガンとFWラヒーム・スターリング、FWガブリエル・ジェズスがベンチスタート。DFバンジャマン・メンディとMFダビド・シルバ、FWセルヒオ・アグエロ、MFベルナルド・シウバが先発に入った。

衝撃の前半となった。シティは開始1分、右サイドからMFケビン・デ・ブルイネが上げたクロスをD・シルバが左足で押し込み、幸先よく先制。6分にはMFリヤド・マフレズがGKベン・フォスターに倒されてPKを獲得し、アグエロが冷静にねじ込んで追加点を挙げた。さらに12分、ペナルティーアーク右で獲得したFKをマフレズが左足で直接狙うと、MFトム・クレバリーの顔面に当たってゴールネットに吸い込まれた。

勢いが止まらないシティ。前半15分、右CKからデ・ブルイネがゴール前にクロスを入れ、DFニコラス・オタメンディが競り合ってこぼれたボールをB・シウバが頭で押し込み、4-0。18分には、左サイドのFKからD・シルバがPA右へグラウンダーのパスを送り、アグエロの折り返しをオタメンディが押し込んで5点目。データサイト『オプタ』によれば、開始18分での5-0はプレミアリーグ史上最速だという。

欧州CLから中2日だが、疲れをみせないシティは前半25分にデ・ブルイネのスルーパスで抜け出したアグエロがループシュートを放つが、わずかにゴール左。27分には、右サイドからデ・ブルイネが高速クロスを供給すると、アグエロがニアで合わせたが、右ポストを叩き、6点目とはならなかった。

シティは後半開始からメンディを下げて新戦力のDFアンヘリーニョを起用。3分、左サイドからB・シウバがクロスを上げ、PA内のセカンドボールを回収したD・シルバがB・シウバにつなぎ、ワンタッチで相手をかわして左足シュートを流し込み、6-0とリードを広げた。

怪我人を多く抱えるシティは、後半9分にDFカイル・ウォーカーに代えてDFジョアン・カンセロを投入する。15分、マフレズのスルーパスで裏を取ったデ・ブルイネがPA右から中央へ折り返し、B・シウバが押し込んでハットトリックを達成。18分にはオタメンディを下げ、18歳のDFエリック・ガルシアを入れ、交代カードを使い切った。

後半40分、中央からマフレズが左に展開し、デ・ブルイネがPA左角から豪快に右足を振り抜き、ゴール左上に突き刺さって8-0。前節、昇格組のノリッジに2-3で敗れたシティが完勝し、今季4勝目を挙げた。

●プレミアリーグ2019-20特集

●初月無料!!プレミアリーグはDAZNで独占配信中

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ナポリ会長、クリバリ売却可能性認める...「売却しなければならない時が来る」
北朝鮮対韓国、サッカー中継拒否&無観客試合も制裁なし? その理由は...
「もはや戦争」「ヒジやヒザで襲いかかってきた!」韓国代表団長が明かした北朝鮮の恐るべき“洗礼”
世界陸上5000mで異例のゴールシーンが生まれる
FIFA20、UTモードで最も「コスパよし」な10名
  • このエントリーをはてなブックマークに追加