阪神・大山プロ初猛打賞も「勝ちにつなげないと」

阪神・大山プロ初猛打賞も「勝ちにつなげないと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ 阪神2―5巨人(2017年8月10日 東京D)

No image

1回2死、二塁打を放つ阪神・大山

痛烈な打球が三塁線を襲った。初回2死。1、2番が続けて凡打に倒れた直後の打席だった。4日のヤクルト戦以来5試合ぶりに3番として先発出場した阪神・大山が初球を強振。内海が投じた内角よりのスライダーを完璧にはじき返した一打は、チーム初安打となる左翼線への二塁打だった。

「自分のバッティングよりもチームの勝ち負けなので、自分のバッティングを勝ちにつなげないといけない」

チームの敗戦に、自身の打撃について多くを語ることはなかったが、敵地で躍動した。3回無死からの第2打席は、初球のシュートをとらえる中前打。7回2死からの打席では2ボール1ストライクからスライダーに反応して、三塁内野安打を放った。出場32試合目で初の猛打賞をマークしただけでなく、3試合ぶりの先発出場ながら、1、2打席の安打はともに初球をとらえたもの。準備が入念だったことを裏付けるもので、片岡打撃コーチは「内容のある3本だった」と評価した。

「今日は得点に絡むことはなかった。安打が出ることはいいと思うけど、よりもっと重要な場面になったときに、どうするかを考えてやっていきたい」

待望の固め打ちに満足することなく、より高いレベルを追い求めた。着実な成長を遂げる打撃。将来性十分のルーキーが、敗戦の中でも猛虎に明るい光を与えた。 (山本 浩之)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【イップスの深層】サイドスロー転向の一二三慎太が見せた甲子園の奇跡
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
藤浪「申し訳ない」  復帰戦7四死球...異例の“タオル投入”
広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる
ソフトB投手陣、珍しい“公園練習” キャッチボールする子供を横目に...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加