最新ランキングをチェックしよう
子どもの脳のエネルギー消費が肥満リスクに関係するという仮説

子どもの脳のエネルギー消費が肥満リスクに関係するという仮説

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/07/13

by vikvarga
子ども時代の初期には摂取エネルギーの半分近くが脳で使われます。体重はエネルギー摂取量がエネルギー消費量を上回った時に増加することから、新たに「小児期の脳におけるエネルギー消費は肥満リスクに影響を与える」という仮説が論文として発表されました。
A hypothesis linking the energy demand of the brain to obesity risk

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
6年連続赤字で大塚久美子社長の“脱ぎ”写真集へのネット期待が過去最高に!
男性が「可愛すぎる...」と悶える女性の行動4選 これはたまらない!
【書評】元韓国人が解説。あの国が国家間の約束を簡単に破る理由
ウーマン村本、THE MANZAIマイク倒して退場は「ただムカついて...」
だいたひかる がん告知後「最初にやった事」を告白「50袋は捨てました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加