何つながり?奥田民生×妻夫木聡×岸田繁「ボクらの時代」に出演

何つながり?奥田民生×妻夫木聡×岸田繁「ボクらの時代」に出演

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2017/09/15
No image

妻夫木聡&奥田民生&岸田繁 - (C)フジテレビ

17日に放送されるトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系・午前7時~7時30分)で、ミュージシャンの奥田民生と岸田繁くるり)が番組初出演することが決定した。奥田民生ファンを公言する俳優の妻夫木聡が、奥田及び、奥田とスリーピースバンド「サンフジンズ」を結成している岸田に声をかけたことから実現したという。

同番組は毎回、さまざまなジャンルで活躍する3人のゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくもの。1986年よりロックバンド「ユニコーン」のボーカリストとして一世を風靡したのち、1994年から本格的にソロ活動をスタートし、アーティストとのコラボ、楽曲提供、プロデュースなど幅広い活躍を続け、多くのアーティストからリスペクトされる奥田。テレビが苦手という奥田だが、妻夫木と岸田の熱心な“インタビュー”により「なまけ者はこの仕事をできない」など数々の名言が飛び出し、収録は2時間に及んだ。

No image

妻夫木&岸田、あこがれの奥田に次々と質問(C)フジテレビ

岸田からソロデビュー時にすでにベテラン感があったと言われると、奥田は「解散するまでバンドの仕事が忙しかったんです。すごくね。解散して1回ソロになったから、なるべくそのいっぱいの仕事の中から、楽なやつだけできればいいなと思って。なんていうのかな、やりやすくするために、写真撮られるのが嫌いなんですよねとか言ってみたり」と、音楽に集中するためベテラン感をセルフプロデュースしたエピソードを披露。

そのほか奥田のテレビが苦手な理由、今でもカラオケに一緒に行くという母親とのエピソード、「天才」についての持論、ミュージシャンとして最近感じるキーの変化などが明かされる。

9月16日より、妻夫木が奥田民生にあこがれる30代雑誌編集者にふんするラブコメ『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』が公開。本作には「愛のために」「マシマロ」「CUSTOM」などの奥田の名曲がふんだんに使用されている。また、岸田が所属するくるりは、2003年に公開された妻夫木主演の映画『ジョゼと虎と魚たち』の音楽を手掛けており、「ハイウェイ」がテーマ曲に起用されていた。(編集部・石井百合子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵だけじゃない! 人気絶頂で引退を発表した女性芸能人
結婚の可能性が限りなくゼロに近くなった市川海老蔵と小林麻耶
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!
【ドラえもん】誰も知らないしずかちゃんの極秘情報 / あまり明かされることのなかった秘密のあれこれ10連発
元SMAPメンバー、キムタク以外はいばらの道! ジャニーズが来春に“報復”を開始する!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加