謎の天才画家、ヒエロニムス・ボスのドキュメンタリー予告編

謎の天才画家、ヒエロニムス・ボスのドキュメンタリー予告編

  • 映画.com
  • 更新日:2017/10/11
No image

謎に満ちたオランダの画家に迫るドキュメンタリー (C) Museo Nacional del Prado (C) Lopez-Li Films

謎に満ちたオランダの画家に迫るドキュメンタリー「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」の予告編と新ビジュアルが公開された。プラド美術館が所蔵する三連祭壇画「快楽の園」を鑑賞する人々の姿をメインに、エロティックでグロテスクな“天国と地獄”が所狭しと描かれた奇想天外な世界について、美術、宗教など各方面の識者が、ボスの思考や人物像を考察する映像だ。

ブリューゲル、ルーベンス、ダリ、マグリットら後の数多くの画家に影響を与え、没後500年を迎えた今も天才画家として知られるボスだが、人物像の詳細はおろか生年月日も不明で、現存する作品は25点のみ。画家は誰のために、何のために描いたのか? プラド美術館全面協力のもと、カメラは“悪魔のクリエイター”とも呼ばれたボスの創作の謎と素顔に迫るドキュメンタリー。

赤外線分析で判明した下絵、緻密な筆遣いと顔料の秘密、現代に受け継がれなかった古楽器、そしてキリスト教との深い関係など、美術界最大の問題作を、多方面の専門家の解説からボスの情熱を紐とく。監督はホセ・ルイス・ロペス=リナレス。

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」は、12月からシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画以上に激動の人生!帝王イヴ・サンローランが遺した8つの偉業【映画に見る憧れのブランド~第5回イヴ・サンローラン】
『かの鳥』、竹野内豊演じる“歴代No.1クズ男”のビジュアルが明らかに! 場面写真解禁
10月21日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
寺西一浩監督&永尾まりや2年連続快挙!モナコ国際映画祭オープニング映画に決定
ハリソン・フォード、『ブレードランナー』復帰の陰にハン・ソロの存在

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加