日本のほうが暮らしやすい? 日中の生活水準を比較=中国報道

日本のほうが暮らしやすい? 日中の生活水準を比較=中国報道

  • サーチナ
  • 更新日:2016/11/30
No image

日本のほうが暮らしやすい? 日中の生活水準を比較=中国報道

中国では日本に対する関心の高さゆえか、日本人の生活水準を紹介する報道が多く見られる。中国メディアの新浪は25日、日本で生活を始めて3年になる中国人の見解として、日本と中国の生活水準の「本当の差」について説明する記事を掲載した。記事は衣食住のほか、交通やショッピング、旅行、娯楽の分野で日中の生活水準を比較している。

記事はまず衣服について、日本の物価は「中国人の手が届かないほど高い」という中国メディアの報道は間違っていると説明。日本ではTシャツ1枚の価格は月収の0.1%~0.7%だが、中国ではTシャツ1枚の価格が50-100元(約820円-1640円)だと説明した。

中国18都市の私営企業の2015年における平均月収は約3300元という調査があるが、そうであれば50元のTシャツは月収の約1.5%となり、むしろ中国のほうが「高い買い物」となることが分かる。

また、ショッピングの分野では自動車の購入について言及。日本の一般家庭用の自動車は往々にして200万円以下であり、これは中国市場の普通車の価格と同等か、もしくはさらに安い水準と説明。日本人は「4カ月から半年ほどの給料で自家用車を1台購入できる」と指摘した。

さらに娯楽の分野で、記事は約1週間のオーストラリア旅行について比較し、日本人は月収の25%~33%で楽しむことができるが中国人は月収の2倍から3倍が必要だと指摘。また映画のチケットの価格は日本では1800円ほど、つまり月収の0.05%だが、中国では80-150元(約1311円-2459円)だと説明。これは約3300元の平均月収の約2.4%となることが分かる。

記事は、日本では中国に比べて給料に対する物価水準が低く、中国よりも暮らしやすい国だと伝えている。デフレから脱却できない日本とは対照的に、中国は経済成長を背景に物価の上昇傾向が続いているが、その一方で給与の伸びが物価の伸びに追いついていないという不満の声も存在する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
CIAの文書が明かす、特殊能力を持つ人間の存在
吹き荒れる"割り勘"旋風!「接待」規制後の韓国の今
韓国、鳥インフルで900万羽殺処分、史上最悪の懸念=「MERSの時と何も変わってない」「大統領府にも鶏が1羽...」―韓国ネット
衝撃だった!「日本は国土が小さく、人口も少ないのにこんなに発展していた」=中国
「禁韓令」どこ吹く風、訪韓中国人観光客3割増、台湾へは民進党・蔡政権発足後、激減

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加