女性議員は“性務”に夢中!? 二股ダブル不倫疑惑の49歳女性市議に「もうひとりの男」が浮上......

女性議員は“性務”に夢中!? 二股ダブル不倫疑惑の49歳女性市議に「もうひとりの男」が浮上......

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2017/11/18
No image

夫以外に2人の男性議員と関係を持ち、「二股ダブル不倫」が持ち上がっている49歳の女性市議に、さらに「3人目」の不倫相手の存在がささやかれている。しかも、その相手もまた自民党議員だというから驚きだ。もしその話が事実であれば「政界三股ダブル不倫」になってしまうが、実際のところどうなのか?

「週刊ポスト」(小学館)の報道によれば、横浜市議・輿石且子氏は、既婚者である同じ横浜市議の斉藤達也氏(44)と、自民党のさいたま市議・帆足和之氏(59)の2人の議員と不倫関係だったという。まず判明したのは、1年前から男女関係にあった帆足市議との不倫で、関係を示す“証拠”のLINEも発覚。しかし、11月1日に熊本で開催された自民党市議の会合で、宿泊部屋から「艶かしい声」を響かせていた相手は、別の斉藤市議だったという。2人は羽田空港でキスもしていた。

輿石市議は同誌の取材に対し、「私はハグやキスをよくします。私は日本に『ハグ文化』を広めたい」「(性行為らしき声は)気のせいです」と弁明し、相手男性もそれぞれ関係を否定したというが、言い逃れの厳しそうな状況だ。

このゴシップ騒動に大慌ての自民党内では「もうひとりの不倫疑惑の男」を調査する動きもあった。

「市議なんかよりずっと立場が上の、党の要職を兼ねる衆院議員Aとの関係が以前からウワサになっていた。輿石さんは参院の三原じゅん子議員ともかなり親しいけど、その三原さんのスタッフも『輿石さんは不倫しているらしいから、接近しすぎないようにしておきたい』と言っていたほど。そんな話があったものだから、慌ててA議員に輿石さんとの関係を聞くなどしたそうだ」(自民党関係者)

問題の衆院議員が、これに対して関係を認めたのか否定したのかはわかっていない。ただ、輿石市議との不倫疑惑は、周辺では何度も持ち上がった話だったという。

「2人は、輿石さんが初当選した11年からの親しい仲。互いに選挙を応援し合っているだけじゃなく、A議員は輿石さんが開催する支援者との交流イベントにまでマメに参加。やたらと2人が目を合わせて微笑み合ったり、手を取り合っていたりして、気持ち悪かったと話す人がいた。今回の不倫報道に一番ショックを受けたのは、A議員かもしれないよ」(同)

輿石市議は15年の当選で2期目。2度目の選挙では小泉進次郎も応援演説に参加し、栄区2位の当選だった。前出関係者によると「2児の母で環境問題に詳しい」という。

一方、疑惑の相手となった斉藤市議は15年に緑区トップ当選で4期目。以前、二重国籍問題の蓮舫議員に「レンホウさんの父親以外に、誰が、日本に帰化しろと頼みましたか?大人なんだから、日本人の自分が屈辱的ならば、辞めればいい。無理することはない。」(原文ママ)などとTwitterで挑発したことや、ビジネスクラスを使った海外視察旅行が問題視されたことがある。

帆足市議の方は、15年に浦和区で3度目の当選をしているが、過去、『ケロロ軍曹』などのキャラ切手の1,000枚単位の大量購入をしたことで、政務活動費の二重請求疑惑が浮上。市民から告発されたことがある、

そして、3人目の疑いが浮上したA議員は、過去の選挙で比例当選オンリーであり、他党議員にSNSで「議員になってから一度も質問主意書を出してない」と批判されたこともある。不倫疑惑の真偽は伝え聞く範疇でしかわからないことだが、前出関係者は「相手がみんな議員で、それも能力のいかにも低そうな連中ばかり。見境がないと言われても反論できないのでは?」と手厳しい。

対岸では、不倫疑惑の相手・倉持麟太郎弁護士を政策顧問に起用した衆院議員・山尾志桜里氏が批判を浴びているが、税金で給料をもらっている連中が政務よりも“性務”に夢中になっているというなら、あまりに残念な話だ。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】民進党...新党結成?党名変更?存続?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加