【格安スマホまとめ】ミドルクラスの4眼カメラスマホ「OPPO A5 2020」登場、Pixel 4も発表

【格安スマホまとめ】ミドルクラスの4眼カメラスマホ「OPPO A5 2020」登場、Pixel 4も発表

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/10/20

格安SIM、SIMフリースマホなどの1週間の動きをまとめてお届けしている本連載。防水&おサイフケータイ対応の「OPPO Reno A」が話題のOPPOから、安価な4眼カメラスマホ「OPPO A5 2020」が登場。また、Pixel 4が発表され、SIMフリーモデルの注文が可能になっている。

No image

OPPOから再びの新製品。「OPPO A5 2020」は、超広角カメラを含む、4眼カメラと5000mAhバッテリーを搭載

またまた注目モデルをリリースのOPPO 今度はミドルクラスで4眼カメラ&5000mAhバッテリー

防水&おサイフケータイに対応し、さらに6GBメモリー搭載など、ミドルハイクラスの性能でありながら、税込でも3万円台の「OPPO Reno A」が大きな話題となっているOPPOから、またまた注目モデルが登場。「OPPO A5 2020」は、UQ mobileや主要MVNO、量販店での販売が予定されているミドルクラスのスマホ。価格はまだ未発表だが、Reno Aより安価な設定が予想される。

OPPO A5 2020の魅力は何と言ってもカメラ。OPPO Reno Aはデュアルカメラながら、超広角カメラ非搭載が弱点と見られているが、OPPO A5 2020は4眼で、標準カメラ(12メガ)のほかに、超広角カメラ(8メガ)も搭載する(残りは距離測定、モノクロ)。また、5000mAhという超大容量のバッテリーも魅力だ。

そのほか主なスペックは、6.5型ディスプレー(720×1600ドット、20:9)、Snapdragon 665、4GBメモリー、64GBストレージ、Android 9(ColorOS 6.0.1)など。nanoSIM×2+microSDのトリプルスロット仕様も魅力。なお、防水やおサイフケータイには非対応(防塵対応)。カラバリはブルー・ブラックの2色。

No image

トリプルスロット仕様もうれしい点

75.6×163.6×9.1mm/約195gというかなりの大型端末で、画面解像度も見劣りするが、ミドルクラスとしてはなかなかの性能で、カメラも強力。カメラやバッテリー持ちを重視するなら、こちらの方が魅力的かも。なお、OPPO A5 2020の取り扱いを発表している1社であるgoo Simsellerは、10月30日~11月18日まで、OCN モバイル ONEの音声SIM契約を前提に、税抜1万4800円で販売するキャンペーンを展開する。

No image

goo SimsellerではOCNの音声SIM契約を前提に税抜1万4800円で提供

Pixel 4が発表、価格は税込で9万円弱から コスパ優先派はPixel 4a待ち?

グーグル製スマートフォンの最新モデル「Pixel 4」が発表された。ソフトバンクからの発売のほか、GoogleストアでSIMフリー版の注文受付がすでに始まっており、10月24日からの発送が予定されている。

今年もPixel 4/Pixel 4 XLの2モデルが用意。前者は従来モデルの5.5型から5.7型に、後者は6.3型で変わらないが(ともに有機EL)、19:9とより縦長になったことで、サイズ感は前者はほぼ同じ、後者は若干コンパクトになっている。CPUはSnapdragon 855、メモリーは6GB、ストレージは64GBと128GBの2モデル。

No image

カラバリは3色で、写真は限定色のOh So Orange。この色は現時点では64GB版しか注文できない

注目はカメラ。リアは12.2メガと望遠の16メガのデュアルになり、ソフトウェアによる超解像ズームで高倍率でも画質が落ちないという。夜景モードのソフトウェアもさらに進化。この新ソフトウェアはPixel 3にも適用される予定。前面のカメラ機能では、3D認識可能な顔認識機能のほか、レーダーによるジェスチャー操作をサポートする。しかし、日本国内では電波法の関係で来春以降に利用可能になる予定。

ネットワーク面でもハイエンド級で、対応バンドの広さに加え、5波キャリアアグリゲーションにも対応。SIMスロットはシングルだが、それとは別にeSIMを内蔵。日本国内でも利用できる。

価格はPixel 4の64GB版が8万9980円、128GB版が10万3950円、Pixel 4 XLの64GB版が11万6600円、128GB版が12万8700円(いずれも税込)と価格もハイエンド級。ただし、24日までにGoogleストアで予約すれば、Googleストアで利用できる1万6000円分のコードが提供される。コスパ優先派はPixel 4a(?)待ちになりそうだが、超解像ズームや夜景モードなど、グーグルのソフトウェアの力がどの程度のものか、気になる1台と言える。

人気の音声通話付きSIMの料金表(税抜) (データ専用SIMは過去の分をクリック)

※1:12~13時、18~19時は最大300kbps
※2:楽天会員は1年間、月1500円が割引される
※3:「データ増量オプション」適用時(2年間無料、以降月500円)
※4:新規契約時または契約変更時に6ヵ月間、月700円が割引される。
※5:au網を用いたサービスは基本的にいずれも直近3日の通信量が6GBを超えた場合の通信速度の制限がある

■関連サイト

OPPO

goo Simseller

Googleストア

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロープロスイッチ採用のゲーマー向け日本語配列キーボード
【速報】16インチMacBook Pro発売!キーボード刷新、15型から値下げ
結局、ノートパソコンは電源につなぎっぱなしにして良いの?ダメなの?
Windowsに複数の脆弱性、アップデートを
いらなくなりつつある開発者スキル5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加