大人の虫歯は詰め物のすき間が原因!?「再発虫歯」にご用心!

大人の虫歯は詰め物のすき間が原因!?「再発虫歯」にご用心!

  • アサジョ
  • 更新日:2018/01/13
No image

虫歯といえば、子どもの頃に歯医者さんへイヤイヤ通ったことがあるという方も多いのでは? でも、大人になってからだって、もちろん虫歯リスクはあります。子どもと違って、大人の虫歯にはある特徴があるといわれています。

例えば「再発虫歯」は、大人虫歯の一つだといわれています。再発虫歯とは、歯の詰め物が劣化し、詰め物と自分の歯との間にすき間ができてしまい、歯垢(プラーク)という細菌の塊がたまりやすくなることで、二次虫歯になることをいいます。ではなぜ、すき間ができてしまうのでしょうか。

ホワイトホワイトデンタルクリニック院長の石井さとこさんによると、歯科用の樹脂素材であるコンポジットレジンを詰めた場合、固まるときに収縮することから、きちんと接着しないとすき間ができやすいのだそうです。厚生労働省のe-ヘルスネットによると、二次虫歯は一度虫歯になった歯なので、より歯の奥深くに進行することが多いのだとか。

もし、以前に虫歯になって詰め物をしたという方は、歯医者さんで二次虫歯になっていないか、すき間ができていないかを、一度確認してもらうとよさそうですね。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知らなきゃ良かった!ディズニーランドの従業員における「3つの掟」
消えてしまったけど好きだった飲料ランキング
【衝撃】2万年前の変圧器がコソボで出土! 内部のコイルまではっきり、電力を活用していた超古代文明の最新オーパーツ!
エナジードリンク「副作用」がハンパ無いことが判明!若者の半数は感じている
保護フィルムでスマホを守る時代は終わった。ガラスの強度を15倍にする液体プロテクター「WHOOSH! DIAMOND DEFENSE」を使ってみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加