最新ランキングをチェックしよう
東日本国際大 10年ぶり8強 粟津 潮崎流シンカーで完封

東日本国際大 10年ぶり8強 粟津 潮崎流シンカーで完封

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/06/14

◇第67回全日本大学野球選手権第3日 東日本国際大2―0京都学園大(2018年6月13日 東京Dほか)

9回9安打完封勝利で8強入りに貢献した東日本国際大・粟津(撮影・木村 揚輔)

 2回戦6試合が行われ、8強が出そろった。東日本国際大は2―0で京都学園大を破り、10年ぶりの8強進出。プロ注目の右腕・粟津凱士(かいと)投手(4年)が今大会初先発し、9安打を許しながら完封した。慶大は苫小牧駒大

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
4人のスカウトが選出。甲子園100回大会ベストナインはこれだ!
侍ポーズ!金足農・吉田輝星2戦連続の2ケタ三振
金足農・吉田、13奪三振以上なら72年ぶり快記録
秋田出身・佐々木希 金足農の決勝に「感動で涙が溢れる!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加