【J1展望】鳥栖×甲府|「黒豹イバルボ」か「仕上げのリンス」か。助っ人の活躍が勝負の命運を握る!?

【J1展望】鳥栖×甲府|「黒豹イバルボ」か「仕上げのリンス」か。助っ人の活躍が勝負の命運を握る!?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/15
No image

故障者/鳥栖=谷口、権田 甲府=森、若杉、高野、河本 出場停止/鳥栖=なし 甲府=なし

No image

故障者/鳥栖=谷口、権田 甲府=森、若杉、高野、河本 出場停止/鳥栖=なし 甲府=なし

J1リーグ26節
サガン鳥栖-ヴァンフォーレ甲府
9月16日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム

サガン鳥栖
今季成績(25節終了時):9位 勝点34 9勝7分9敗 29得点・31失点

【最新チーム事情】
●前節の仙台戦でGK権田が相手と衝突し、負傷交代。今節は大事をとって欠場か。
●前々節から今季初の連敗。G大阪戦(1-3)、仙台戦(1-4)と失点が目立つ。
●仙台戦では、イバルボが今季3点目を奪取。調子を上げている。

【担当記者の視点】
前節の仙台戦は4失点。1-3で敗れたG大阪戦から大量失点を許している守備は、立て直しが必要だ。

しかし、仙台戦で相手と交錯して緊急搬送されたGK権田は、今節を欠場する可能性が高い。代役として出場しそうなのが赤星だが、前節の低調なパフォーマンスを見る限り大きな不安が残る。ディフェンス陣が心許ない現状では、守勢に回る時間を増やさないために、主導権を握る戦い方がベターだろう。

そこで鍵になるのが、前線のイバルボだ。23節の大宮戦(2得点・1アシスト)に続き、前節もゴールと、抜群のキープ力とテクニックで決定機に絡んでいる。調子を上げるこのコロンビア人FWを攻撃の起点にして、相手を押し込みたい。J1リーグ 第26節
サガン鳥栖―ヴァンフォーレ甲府
9月16日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム

ヴァンフォーレ甲府
今季成績(25節終了時点):15位 勝点21 4勝9分12敗 14得点・28失点

【最新チーム事情】
●前節、ホームで清水に0-1の敗戦。
●ここ5戦白星なし。降格圏と勝点1差。
●出場停止明けのE・リマが戦列復帰。

【担当記者の視点】
前節、清水の北川の一発に沈み、残留争いのライバルとの直接対決を落とした。これで、14位の札幌に勝点差を5に広げられ、降格圏の16位・広島との差は1ポイントとなった。

清水戦のシュート数は相手の5本に対し、甲府は16本。チャンスは多く作れているが、モノにできずにいる。現状ではドゥドゥとリンスの単独突破に頼ってしまっているが、今節は彼らへのフォローを増やして決定機を生かしたい。

また、残り9節で残留を手中に収めるために、失点も避けたいところ。今季はリーグワーストの得点数を、隙のない守備で補っているだけに、生命線はなんとしてでも断ちたくない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
川崎Fイタタ... MF大島が左ハムストリング肉離れで全治2カ月
伊藤達哉を過去指導の柏下平監督「技術高かった」
ACL準決勝で浦和が勝ち抜くには? セルジオ越後「サポーターが選手を後押ししてほしい!」
横浜FMに大打撃、齋藤学が8カ月の長期離脱...来季開幕戦も絶望
横浜斎藤学が来季開幕もW杯も絶望...右膝重傷だった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加